ボートレース尼崎競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

ボートレース尼崎競艇場特徴

ボートレース尼崎競艇場

基本データ

追記情報

2020/5/28:決まり手データを追記しました。
2020/1/30:2019年データを追記。

 

 

尼崎 関連データ

コース別成績・決まり手

尼崎競艇場のコース別成績・決まり手データです。

コース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
56.1 16.7 8.6
15.1 25.5 17.3
11.5 21.5 19.8
10.3 19.6 21.0
5.6 11.0 18.1
1.5 6.1 15.5

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
96.1 3.8
22.6 69.2 8.1
33.2 13.2 42.6 10.5
47.4 21.5 20.2 10.1
22.1 8.2 63.1 6.6
20.6 5.9 55.9 14.7

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別成績(2018)

コース 1着率 2着率 3着率
55.9 17.7 9.3
14.1 23.8 17.8
12.3 21.2 19.5
10.8 19.0 22.2
5.5 13.0 18.6
1.4 5.8 13.0

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース別決まり手(2018)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
96.7 0.0 0.0 0.0 3.3
0.0 24.2 67.0 0.0 7.9
0.0 30.5 12.2 45.9 10.4
0.0 42.0 17.7 28.0 11.5
0.0 20.2 8.1 63.7 5.6
0.0 12.1 6.2 63.6 12.1

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

 

条件別データ

優勝戦のコース別成績(2016-2019)

コース 1着率 2着率 3着率
75.4 13.4 3.0
9.0 37.3 20.9
7.5 18.7 25.4
5.2 17.2 20.1
1.5 9.7 17.9
1.5 3.7 12.7

( 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% )

優勝戦のコース別決まり手(2016-2019)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
97.0 3.0
41.7 41.7 16.7
10.0 20.0 60.0 10.0
28.6 42.9 28.6 0.0
0.0 0.0 50.0 50.0
50.0 0.0 50.0 0.0

( 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% )

 

記念レースデータ

記念レースでの成績は、2016~2019年に尼崎で開催された以下の8節です。

2016
SG 第43回 ボートレースオールスター
G1 尼崎市市制100周年記念 尼崎センプルカップ
G1 開設64周年記念 尼崎センプルカップ
G1 第59回 近畿地区選手権

2017
G1 開設65周年記念 尼崎センプルカップ

2018
SG 第45回 ボートレースオールスター
G1 開設66周年記念 尼崎センプルカップ

2019
G2 尼崎モーターボート大賞

 

尼崎 記念レースのコース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
65.3 13.0 6.9
10.1 27.4 18.9
9.9 20.1 19.6
7.5 18.9 20.2
6.3 12.8 16.8
1.0 7.6 17.6

( 集計期間:2016年~2019年 尼崎開催SG・G1・G2 単位:% )

尼崎 記念レースのコース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
96.3 3.7
10.3 82.8 5.2
38.6 12.3 36.8 12.3
48.8 27.9 11.6 7.0
13.9 41.7 36.1 8.3
0.0 66.7 16.7 16.7

( 集計期間:2016年~2019年 尼崎開催SG・G1・G2 単位:% )

※以前の尼崎では、自力でまくってから差した場合のみ「まくり差し」とカウントされていたため、実際より割合が少なくなっています。

 

 

尼崎競艇場の特徴・傾向

ボートレース尼崎

尼崎競艇場 水面1

「センタープール」の愛称を持つボートレース尼崎。

以前はセンターが利くと言われていましたが、現在はインが強い水面です。

主な特徴は、

全国でもトップクラスにインが強い
まくり差し・差し優位
淡水のプール型水面
ターンマークの振りがない
1マークホーム側が全国一広い
向かい風が多い

などが挙げられます。

各種データから、ボートレース尼崎競艇場の特徴や傾向を見ていきます。

 

尼崎水面図

ボートレース尼崎競艇場水面図

尼崎水面図

ボートレース尼崎水面特性より引用

尼崎の最大の特徴は、水面レイアウト。
2マークから1マークまで一直線に並び、ターンマークの振りがない唯一のレース場です。

これによりインの選手は直線に走って1マークに向かい、余裕を持ってターンできるのでインが有利。
加えて、十分なマイシロを確保しやすいことから、他場よりもターンのピークがバック側になり、逃げが決まりやすい水面です。

 

 

また、ターンマークの振りがない分、1マークホーム側は全国一の広さ。

これにより艇と艇の間隔が広くなり、「まくり差し・差し」が決まりやすい水面です。

そして、「まくり」はやや決まりにくく、まくられてもインが残りやすいのも尼崎水面の特徴です。

 

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
15位 6位 15位
19位 8位 6位 16位
5位 7位 23位 9位
11位 8位 4位 21位
14位 23位 6位 14位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

 

ピット&2マーク

向かい風が多い尼崎では2マークが追い風となるため、握った艇が流れて逆転のケースも見られます。
風が強い時は周回展示2マークのターンに注目しておきたいですね。

尼崎の周回展示は最初に2マーク、次に周回展示リプレイで1マークの1・2周目が流れる構成となっています。

 

そして、ピットから2マークまでの距離が短く、枠なり進入率は比較的高めで推移しています。

コース 1 2 3 4 5 6
1枠 99.3 0.6 0.0 0.0 0.0 0.1
2枠 0.3 92.8 5.2 0.9 0.5 0.2
3枠 0.2 2.2 89.1 6.2 1.5 0.8
4枠 0.2 1.0 2.4 82.9 9.8 3.8
5枠 0.0 1.3 1.6 6.4 78.1 12.5
6枠 0.0 2.3 1.6 3.8 10.0 82.3

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

 

番組傾向

インに水面の利がある尼崎ですが、2019年の1コース1着率は24場中10位。

これは番組の影響が大きく、他場ではイン優遇の企画番組を組んでいることが多いですが、尼崎では組まれていません。

一方、実力者が揃う記念レースでは上位で推移しており、イン優位の水面を裏付ける結果となっています。

 

そして、長らく企画番組を組んでいなかった尼崎ですが、2019年4月より1・6Rで開催されています。
「センタープール」の愛称通り、センターにA級選手が入る番組となっています。

レース 番組名 番組の概要
朝からセンプル センター(3or4号艇)にA級
昼どきピンクル 1号艇とセンターにA級

 

また、終盤戦は他場同様1号艇にA級選手が入り、1コース1着率は70%を超えているので、インから勝負する本命党向きとなっています。

 

 

風データ

尼崎競艇場 水面2

風向きと風速によるコース別成績データです。

コース別成績(2019)、風速別1着率データ(2016~2018)ともに各集計期間の平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

 

無風

無風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
53.8 18.6 6.8
20.3 22.5 18.2
8.9 24.2 22.9
11.0 17.4 21.6
4.2 13.1 14.0
1.7 4.2 16.5

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

無風時の1着率(2016-2018)

  1 2 3 4 5 6
無風 57.7 15.3 10.8 9.5 4.9 1.8

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
95.8 4.2
22.1 69.9 8.0
26.3 15.0 41.3 15.0
47.1 28.6 17.1 7.1
13.9 25.0 47.2 11.1
7.7 46.2 30.8 0.0

ボートレース尼崎競艇場-無風データグラフ

無風ではスリットが揃いやすく、インと2コースの勝率が上昇傾向です。

 

向かい風

向かい風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
57.7 15.5 8.6
12.8 24.6 16.5
11.7 21.8 17.6
10.4 20.0 20.5
6.0 11.5 19.9
1.4 6.6 16.8

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

向かい風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 52.8 15.8 13.7 10.6 6.3 0.7
2m 56.0 12.7 12.1 12.5 5.3 1.3
3m 56.1 11.8 13.6 11.0 5.4 2.1
4m 55.8 13.5 12.0 11.1 6.1 1.4
5m以上 54.0 13.0 13.0 12.1 5.7 2.2

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
96.6 3.4
25.4 64.7 9.1
33.3 12.9 44.2 9.2
46.4 17.1 24.8 11.7
19.6 25.9 46.4 6.3
28.6 14.3 48.6 8.6

ボートレース尼崎競艇場-向かい風データグラフ

年間を通して向かい風が吹くことが多く、半分以上のレースが向かい風で行われています。

また、5m以上の割合が約30%と多いことも特徴的です。

 

 

イン勝率は全体で見ると低下傾向ですが、2〜4mはほぼ全国平均に近い数値です。

 

 

そして、センター・ダッシュ勢の1着率が上昇傾向で、決まり手では3コースの「まくり差し」、カドからの「まくり」やそのマーク差しが増加しています。

 

追い風

追い風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
55.1 17.8 9.0
16.6 28.1 18.9
12.3 19.9 21.9
8.8 20.1 21.1
5.1 9.0 16.3
2.0 5.1 12.8

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

追い風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 56.1 17.9 12.6 6.9 4.9 1.6
2m 55.3 18.2 10.6 11.6 3.3 1.1
3m 56.8 17.8 10.1 10.0 4.9 0.5
4m 59.8 14.8 7.6 12.9 4.2 0.8
5m以上 53.8 19.8 10.9 6.7 8.0 0.8

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
96.2 3.8
19.8 72.1 8.1
37.0 17.4 37.0 8.7
38.0 34.0 18.0 8.0
16.7 30.0 40.0 10.0
50.0 25.0 25.0 0.0

ボートレース尼崎競艇場-追い風データグラフ

比較的イン優位ながらも、2コースの「差し」が増加傾向です。

 

また、3〜5コースも「差し・まくり差し」が増加しています。

 

横風

右横風時のコース別1着率(2016-2018)

コース 1着率
63.0
17.7
9.2
3.4
4.2
2.5

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

ボートレース尼崎競艇場-右横風データグラフ

左横風時のコース別1着率(2016-2018)

コース 1着率
60.2
10.1
10.8
12.3
5.8
0.9

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

ボートレース尼崎競艇場-左横風データグラフ

風向き別でインが最も強くなるのは、横風時。

 

ただし、左右の横風を合計しても10%以下と少なく、データの信頼性は下がります。

 

 

右横風は先マイしたインが流されるケースがあり、2コースの「差し」が増加しています。

 

逆に、左横風ではターン時にサイドが掛かり握って回ることができるため、4コースからの「まくり」や展開が向く5コースの「まくり差し」が増加傾向です。

 

 

また、2019年6月に1マーク側の旧スタンドが撤去されたので、今後は右横風が増える可能性があります。

 

 

コース別成績・決まり手分析

尼崎と他のレース場との比較順位です。

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
10位 18位 12位
9位 13位 22位
15位 10位 20位
17位 3位 12位
15位 22位 10位
15位 13位 4位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
15位 6位 15位
19位 8位 6位 16位
5位 7位 23位 9位
11位 8位 4位 21位
14位 23位 6位 14位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
10位 13位 11位
16位 17位 16位
13位 10位 17位
13位 5位 4位
14位 8位 9位
21位 15位 17位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
14位 5位 22位
21位 17位 2位 20位
13位 16位 11位 6位
14位 15位 4位 24位
23位 20位 1位 13位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

 

 

コース別成績・決まり手分析

1コース

前述の通り、全国でもトップクラスにインが強いレース場。

1マークの振りが無いことから、スリットが揃えばインが逃げ切れる確率が高く、実力者が揃う記念レースデータでも1コース1着率が上位となっています。

 

以下は、1アタマの占有率と回収率データ。

データは2017~2019年の3年間で集計し、平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

出目  回収率  占有率
123 85.1 6.44 (-0.28)
124 79.5 5.31 (+0.16)
125 72.6 3.36 (-0.14)
126 66.3 2.80 (+0.11)
132 74.8 4.46 (-0.37)
134 73.5 4.37 (+0.23)
135 83.3 3.30 (+0.31)
136 65.6 2.33 (+0.05)
142 81.6 4.13 (+0.55)
143 80.5 3.32 (+0.33)
145 76.7 2.53 (+0.45)
146 70.0 2.24 (+0.47)
152 68.4 2.03 (+0.03)
153 71.6 1.83 (+0.12)
154 75.8 1.62 (+0.22)
156 66.1 1.08 (-0.01)
162 74.5 1.41 (+0.08)
163 63.9 1.26 (+0.17)
164 57.8 1.05 (+0.10)
165 68.6 0.82 (+0.12)

 

インが強いので占有率は当然平均以上で推移しており、4コースの2着率が高いこともあって「1ー4ー全」の占有率が高くなっています。

 

イン回収率は比較的高く、2019年は平均以上。

1号艇にB級が入り、A級選手が中外枠に入るレースが尼崎では多く、しっかりスタートを決めたインの逃げ切りが回収率を上げている傾向があります。

 

 

 

2コース

例年1着率は平均程度でしたが、2019年データでやや上昇して9位。
2コースが利きにくい「向かい風」が半分以上を占めていることも影響しています。

決まり手は1マークの振りが無い分「まくり」が少なく、「差し」優位です。

 

2コースの狙い目はセオリー通り「追い風」「右横風」

先マイしたインが流れて2コースの「差し」が決まりやすく、この条件で絞ると「2ー1ー全」「1ー2ー全」の回収率は上昇しています。

「2コースの機力が劣勢ではない」「センターに強い攻め手がいない」などの条件も満たせば、積極的に狙いたいコースです。

 

「2コースが差しで1着」時の2着率

コース 確率
21 61.1 (+0.1)
23 15.8
24 11.6
25 8.5
26 3.0

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「2コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
21 8.6 (-1.4)
23 34.4
24 30.2
25 18.2
26 8.6

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

3コース

例年1着率は平均程度。

決まり手は「まくり差し」率が全国上位となっています。

 

狙い目としてはセオリー通り「向かい風」
特に3コースは上昇率が高いので注目です。

淡水で硬い水質なので、機力にも注意して狙いたいですね。

 

「3コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
31 16.5 (-4.4)
32 12.7
34 39.7
35 21.9
36 9.2

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「3コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
31 64.4 (+6.5)
32 12.5
34 12.2
35 8.2
36 2.7

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

4コース

例年1着率は平均程度。

注目は2・3着率の高さです。
番組の影響はありますが、記念レースでも3コースより高くなっています。
1マークの広さから、差す4コースが2・3着に入るパターンが多いので考慮しておきたいところです。

 

決まり手は「まくり」優位ながらもバランス良く決まっており、記念レースではやや「まくり」率が高め。

出目データでは4アタマの回収率が低く、過剰に売れている傾向があるので、オッズ妙味を考えて買いたいですね。

 

「4コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
41 20.8 (-3.6)
42 17.2
43 9.2
45 38.3
46 14.5

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「4コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
41 45.4 (+6.1)
42 11.9
43 20.6
45 15.5
46 6.7

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

5コース

1着率は平均程度で、記念レースでも同様。

決まり手は「まくり差し」率が全国上位です。
機力の裏付けがある、センターに攻め手がいるなど、条件が揃えば一考したいところ。

 

「5コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
51 21.1 (-7.1)
52 15.8
53 21.1
54 16.8
56 25.3

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「5コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
51 38.7 (+2.9)
52 12.6
53 11.7
54 27.5
56 9.5

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

6コース

例年1着率は平均を下回っています。

決まり手は「まくり差し」率が全国トップですが、やはりコースの広さから大外からの1着は厳しい結果に

2・3着率は平均程度あるので、条件次第ではフォローしておきたいですね。

 

 

季節毎の傾向

季節毎のコース別成績です。

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
57.2 16.2 9.7 6.0 6.8 3.8
13.4 27.3 17.6 12.2 15.9 13.4
13.2 19.9 18.4 22.3 14.4 11.5
10.2 19.2 23.6 18.2 14.9 13.5
5.2 12.0 16.6 19.6 23.2 23.2
1.1 5.9 14.9 22.5 24.7 30.5

( 集計期間:2018年3月~2018年5月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
58.0 16.7 9.1 5.6 6.7 3.6
15.0 20.3 19.1 18.6 14.2 12.5
10.6 22.6 19.5 15.2 19.3 12.5
11.7 19.0 21.2 18.8 15.7 13.3
4.6 16.2 20.7 20.8 20.0 17.4
1.2 6.4 11.4 22.2 23.6 34.9

( 集計期間:2018年6月~2018年8月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
54.4 18.2 7.9 7.6 6.9 4.7
15.5 24.0 18.9 15.1 15.5 10.7
9.9 20.8 18.1 21.5 15.8 13.6
12.4 19.7 21.0 20.8 13.1 12.6
5.9 11.8 21.7 17.3 22.4 20.5
2.3 6.2 13.4 18.7 26.6 32.6

( 集計期間:2017年9月~2017年11月30日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
57.7 19.5 8.7 4.8 5.1 3.8
12.9 21.2 18.5 19.3 16.3 11.4
10.9 20.0 23.0 20.6 15.7 9.5
12.0 19.1 21.1 19.6 14.5 13.3
5.5 15.5 17.3 19.0 23.1 19.2
1.5 5.6 12.7 17.7 25.5 36.6

( 集計期間:2017年12月~2018年2月28日 単位:% )

 

季節毎の傾向

春(3〜5月)
風の影響が少ない時期
4月に新モーター

夏(6〜8月)
「甲子園の浜風」により向かい風傾向
回転が上がりやすい場のため、夏場もインが強い

秋(9〜11月)
風の影響が少ない時期
温水パイプ装着により機力に変化

冬(12月〜2月)
「六甲おろし」により向かい風傾向

 

尼崎のレース情報

ボートレース尼崎の公式サイトは情報量が多く、節間の過去コメントや、3節前までのモーター短評なども公開されています。

ボートレース尼崎競艇場水面図

ボートレース尼崎より引用

淡水で硬い水質なので乗りづらいと言われる場なので、選手コメントは確認しておきたいですね。
地元の魚谷智之選手も「尼崎は難しいレース場だと皆が言っている」とインタビューで答えているのを目にしたこともあります。

また、尼崎はモーターの回転が上がりやすい場とも言われるので、調整の部分でも走り慣れた地元選手にアドバンテージがありそうです。

 

まとめ

  • 全国屈指のイン水面
  • プール型で荒れることは少ないが、水質は硬い
  • ターンマークの振りが無い唯一のレース場
  • 1マークホーム側は全国一広い
  • まくりが決まりにくく、まくり差し・差し優位
  • 3連単はイン中心で組み立てるのが賢明
  • 2コースは「追い風・右横風」時の差しが狙い目
  • センターは「向かい風」で勝率上昇
  • 4コースの2・3着率が高め
  • 3・5・6コースのまくり差し率は全国上位