ボートレース多摩川競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

ボートレース多摩川競艇場

ボートレース多摩川競艇場

基本データ

追記情報

2020/5/27:決まり手データを追記しました。
2020/1/21:2019年データを追記。
2019/5/4:風データを追記。

 

 

多摩川 関連データ

コース別成績・決まり手

多摩川競艇場のコース別成績と決まり手です。

コース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
54.6 16.9 8.0
15.1 24.5 18.5
11.6 21.6 20.1
10.7 17.4 19.4
6.5 12.5 18.3
1.6 7.7 16.1

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
96.0 4.0
25.5 63.5 8.8
37.9 13.4 36.4 11.9
45.3 22.0 24.1 8.6
21.3 8.0 61.0 5.9
27.8 25.0 30.6 16.7

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別成績(2018)

コース 1着率 2着率 3着率
50.9 16.9 10.3
15.9 24.2 17.0
12.4 19.3 20.4
13.1 18.8 19.4
5.6 14.4 19.1
2.2 6.8 14.3

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース別決まり手(2018)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
95.6 0.0 0.0 0.0 4.4
0.0 28.9 63.4 0.0 6.9
0.0 38.8 9.5 39.2 10.6
0.0 47.4 20.1 24.6 7.3
0.0 14.4 12.0 65.6 7.2
0.0 18.8 18.8 47.9 12.5

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

 

条件別データ

優勝戦のコース別成績(2016-2019)

コース 1着率 2着率 3着率
66.2 17.3 7.5
9.8 30.8 20.1
6.0 16.5 28.4
12.0 18.8 16.4
4.5 11.3 12.7
1.5 5.3 14.9

( 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% )

優勝戦のコース別決まり手(2016-2019)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
96.6 3.4
0.0 84.6 15.4
25.0 0.0 62.5 12.5
56.3 12.5 31.3 0.0
16.7 0.0 83.3 0.0
50.0 0.0 50.0 0.0

( 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% )

 

記念レースデータ

記念レースでの成績は、2015~2019年に多摩川で開催された以下の7節です。

2015
G1 開設60周年記念 ウェイキーカップ
G1 開設61周年記念 ウェイキーカップ

2016
G1 開設62周年記念 ウェイキーカップ
G1 関東地区選手権

2017
G1 開設63周年記念 ウェイキーカップ

2018
G1 開設64周年記念 ウェイキーカップ

2019
SG 第29回 グランドチャンピオン

 

多摩川SG・G1のコース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
57.9 16.5 6.2
13.7 26.8 20.4
12.7 18.3 19.0
8.3 17.9 22.2
4.0 11.9 16.9
3.4 8.7 15.3

( 集計期間:2015年~2019年 多摩川開催SG・G1 単位:% )

 

多摩川SG・G1のコース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
97.6 2.4
14.5 66.7 14.5
35.9 17.2 39.1 7.8
45.2 9.5 28.6 14.3
30.0 0.0 70.0 0.0
17.6 11.8 41.2 23.5

( 集計期間:2015年~2019年 多摩川開催SG・G1 単位:% )

 

 

多摩川競艇場の特徴・傾向

日本一の静水面

多摩川は「日本一の静水面」と呼ばれ、風の影響が比較的少ないことが特徴の一つ。

理由としては、関東平野という場所に加え、周囲を防風林で囲われていることが挙げられます。
レース中継を見ていると、バック側に確認できますね。

 
各種データから多摩川競艇場の特徴や傾向を見ていきます。

 

水質は淡水で硬い

多摩川は淡水のプール型レース場で、砂利の採取跡地を再利用しています。

淡水なので水質は硬いですが、選手によっては同じ淡水レース場でも、江戸川や唐津は比較的乗りやすいとの声も。

また、水質が硬いレース場全般に言えることですが、周回展示では2マークに注目です。

2マークを回ったあとにボートが暴れていないか、しっかりチェックしたいですね。

 

多摩川はスピード戦!

多摩川水面図

多摩川水面図

ボートレース多摩川オフィシャルサイトより引用

多摩川競艇場は、ホーム側、バック側とも24場の中で上位の広さを持っています。

静水面と広さからクセのない水面で走りやすい為、比較的女子戦が多く開催されている競艇場でもあります。

 
水面図を見てみると、ピットから2マークまでの距離が89mと短めで、枠なり進入が多い傾向です。

コース 1 2 3 4 5 6
1枠 99.1 0.9 0.0 0.0 0.0 0.0
2枠 0.5 93.8 4.6 0.8 0.3 0.1
3枠 0.0 1.8 89.9 6.4 1.4 0.4
4枠 0.1 1.0 2.4 84.1 8.7 3.6
5枠 0.3 1.5 1.2 5.4 80.0 11.6
6枠 0.2 1.5 2.1 3.3 9.7 83.2

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

 

 
そして、1マークのバック側が108mもあり、どのコースからでも全速で攻めこむことが可能な広さです

その為、スタートを決めて先手を取ることが非常に重要。

道中もスピード戦になるので、もちろんモーターパワーも必須です。

スリットで先行して、1マークをパワーで攻め込む選手がレースの主導権を握る展開が多い競艇場だと言えます。

 

 

風データ

オフィシャルサイトの水面ガイドに風の解説があったので引用します。

ここ数年、対岸の樹林が電光掲示盤を越えるほどの高さにまで成長。
南風への防風林となっているが、北風の場合はスタンドの上空を通過した後に水面への下降風となって樹林に当たり、風向が難しく変化しているのでは…と地元選手は考えている。

ただ、1マークで初動を入れる位置は、たとえ北風でも強くは吹かず乗りやすい。

インが強いのは東風(真追い)、差しが強いのは北東風(右斜め追い)。まくりが利くのは南西風(左斜め向かい)、あるいは意外に内のスタートが甘くなる東南東(左斜め追い)のとき。

多摩川公式サイト水面ガイドより引用

 

以下は、風向きによるコース別成績データです。

「日本一の静水面」と呼ばれる多摩川でも「無風」はほとんど無く、主に「追い風」が42%と多くなっています。
風速では、5m以上の割合が6%程度と強風は少なく、基本は緩やかな傾向があります。

 

以下は、風向きと風速によるコース別成績データです。

コース別成績(2019)、風速別1着率データ(2016~2018)ともに各集計期間の平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

向かい風

向かい風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
46.9 18.1 11.5
15.7 23.7 14.9
13.1 17.3 22.5
15.0 17.5 18.1
7.2 17.5 18.4
2.9 7.0 15.9

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

向かい風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 42.2 17.3 16.2 14.0 7.6 2.7
2m 50.8 16.1 15.3 11.0 5.1 1.7
3m 35.1 21.0 15.8 24.6 3.5 0.0
4m 36.2 19.2 14.9 17.0 8.5 4.3
5m以上 43.5 15.3 17.6 12.9 7.1 3.5

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
90.7 9.3
36.4 50.0 13.6
54.5 9.1 31.8 4.5
47.4 15.8 31.6 5.3
30.0 10.0 60.0 0.0
0.0 20.0 60.0 20.0

ボートレース多摩川競艇場-向かい風データグラフ

向かい風は年間10%以下とサンプルが少なく、データとしての信頼度はやや低めです。

 

3年分の風速別データで見ると、「向かい風=イン不利」のセオリー通り1コース1着率が低下し、センター3・4コースの勝率が上昇しています。

 

また、向かい風の抵抗を受けてサイドが掛かるため、全速で握って回る3・4コースの「まくり」率が高くなっています。

 

追い風

追い風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
54.1 17.8 8.8
16.3 25.2 20.2
11.8 21.9 20.3
11.9 17.0 19.0
5.4 11.1 18.0
1.8 8.1 15.1

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

追い風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 48.7 16.6 14.7 12.4 5.5 2.1
2m 47.1 19.0 12.5 12.7 5.2 3.5
3m 45.4 15.9 15.7 13.3 6.2 3.5
4m 44.0 20.1 13.5 13.2 7.8 1.5
5m以上 43.0 21.5 14.1 13.2 5.8 2.5

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
94.0 6.0
18.3 71.0 8.6
43.5 12.9 32.3 11.3
38.3 23.3 31.7 5.0
15.2 18.2 51.5 15.2
12.5 37.5 25.0 25.0

ボートレース多摩川競艇場-追い風データグラフ

追い風2〜3mまではインが強い競艇場が多いですが、多摩川では1m以降は低下しています。

 

代わって強くなるのは2・3コース。
2コースの「差し」、次いで3コースの「まくり差し」率が上昇傾向です。

 

横風

右横風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
59.9 15.7 5.9
14.2 23.1 16.8
10.6 22.1 18.9
7.2 19.4 18.8
6.8 12.4 22.1
2.0 8.6 18.9

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

右横風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 50.8 13.0 13.4 13.6 6.5 2.8
2m 50.2 16.9 13.4 10.9 7.0 1.6
3m 53.7 12.8 10.7 16.1 4.0 2.7
4m 51.5 15.8 9.9 12.9 5.9 3.9
5m以上 33.3 25.5 19.6 13.7 2.0 5.9

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
98.6 1.4
27.6 69.0 3.4
50.0 5.0 35.0 10.0
50.0 5.0 25.0 10.0
14.3 14.3 71.4 0.0
14.3 42.9 14.3 28.6

ボートレース多摩川競艇場-右横風データグラフ

スタンド側から吹く右横風ではターンが流されやすい通説がありますが、多摩川では強く吹くことは稀。
2019年データでは最も高いイン1着率となっています。

 

左横風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
59.0 16.3 5.5
13.7 25.0 18.7
11.5 22.5 19.3
8.5 17.9 21.9
7.3 12.4 18.3
0.9 7.1 18.0

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

左横風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 49.1 15.2 12.8 12.8 6.9 3.2
2m 49.8 13.9 13.0 16.6 5.1 1.6
3m 54.2 12.7 13.1 13.8 4.5 1.6
4m 47.9 16.3 15.6 13.6 6.2 0.4
5m以上 49.3 13.4 13.8 15.2 6.2 2.2

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
95.0 5.0
51.9 41.8 6.3
44.9 6.4 35.9 12.8
64.9 11.7 14.3 6.5
27.3 9.1 48.5 15.2
14.3 0.0 57.1 28.6

ボートレース多摩川競艇場-左横風データグラフ

左横風ではターン時にサイドが掛かり握って回ることができるため、インの「全速逃げ」、次いで4コースの「まくり」率も上昇しています。

 

 

コース別成績・決まり手分析

多摩川と他のレース場との比較順位です。

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
14位 14位 18位
9位 20位 10位
14位 9位 14位
10位 14位 20位
6位 9位 9位
13位 3位 2位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
6位 18位 11位
12位 7位 14位 9位
8位 6位 18位 16位
12位 9位 10位 22位
8位 2位 23位 11位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
16位 18位 6位
8位 16位 24位
11位 21位 9位
4位 9位 21位
13位 1位 3位
8位 7位 7位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
4位 13位 24位
10位 23位 8位 19位
6位 12位 17位 22位
22位 2位 2位 19位
18位 3位 12位 12位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 )

 

 

コース別成績・決まり手分析

1コース

例年1着率は平均よりやや低く推移しています。
条件別データ(G1)でも他場と比較すると低めの結果に。

インからでも全速で回れる多摩川なので「スタート」の重要性が高く、「インの選手のスタートが信用できる」「機力の裏付けがある」を前提にインの取捨選択をしたいところ。

 

1コース/風の狙い目

1m程度の緩やかな風
横風

 

また、多摩川は比較的イン以外が売れる傾向があり、出目データ(2018)を見ると1アタマの回収率は高めです。
控除率25%を引いた回収率75%以上の出目は14/20と全国でもトップクラスに多くなっています。
インが過剰に軽視されている場合も、オッズに惑わされずに判断したいですね。

 

出目データ(2019)では回収率が僅かに下がりましたが、それでも平均82.6%と高めとなっています。

以下は、1アタマの占有率と回収率データ。

データは2017~2019年の3年間で集計し、平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

出目  回収率  占有率
123 93.1 6.08 (-0.64)
124 78.5 4.74 (-0.41)
125 83.8 3.33 (-0.18)
126 83.9 2.81 (+0.12)
132 76.2 4.05 (-0.78)
134 66.8 3.28 (-0.86)
135 87.4 3.21 (+0.22)
136 90.1 2.40 (+0.12)
142 77.9 3.40 (-0.17)
143 74.2 2.92 (-0.07)
145 69.4 2.19 (+0.11)
146 80.4 2.07 (+0.31)
152 82.3 2.06 (+0.06)
153 79.5 1.52 (-0.19)
154 94.1 1.43 (+0.02)
156 84.4 1.34 (+0.25)
162 70.6 1.26 (-0.07)
163 88.4 1.11 (+0.01)
164 67.7 0.84 (-0.11)
165 69.5 0.59 (-0.11)

 

 

 

2コース

1着率は平均より上位。
決まり手比率ではまくりが高めです
多摩川は女子戦が比較的多く開催されているため、その影響でまくり決着が多くなっていることも考えられます。

また、まくり率の高さから「2−3」の占有率がやや高めとなっています。

 

追い風が多い水面なので、増加する「差し」も想定しておきたいですね。

2コース/風の狙い目

追い風

 

「2コースが差しで1着」時の2着率

コース 確率
21 54.4 (-6.6)
23 18.1
24 12.8
25 9.2
26 5.4

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「2コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
21 6.5 (-3.5)
23 31.1
24 28.5
25 20.6
26 13.4

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

3コース

1着率は2018年の11位から2019年は14位と平均を僅かに下回る結果に。
2017年以前の過去のデータでは1着率やまくり率がトップクラスでしたが、年々弱くなっています。

条件別データ(G1)では1着率が優秀な数値で、2コースを上回っています。
また、全国的に高グレードレースでは「まくり」が低下し、差し技がメインになってきていますが、比較すると多摩川の3コース「まくり」率は依然高く推移しています。

 

向かい風は少ない水面ですが、吹くと 1着上昇率が高いので狙い目です。

3コース/風の狙い目

向かい風

 

「3コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
31 17.6 (-3.3)
32 18.9
34 27.1
35 22.1
36 14.3

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「3コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
31 55.8 (-2.1)
32 17.4
34 11.9
35 9.1
36 5.7

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

4コース

2018年データでは1着率はトップクラスで3コースを上回っていましたが、2019年は10位と低下しています。

条件別データ(G1)では1着率は平均以下で、やはり実力者が集うレースではスリットが揃いやすく、カドの優位性は低くなっています。

 

決まり手では例年「まくり」率が高めです。

「4コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
41 24.2 (-0.2)
42 17.1
43 8.7
45 35.8
46 14.2

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「4コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
41 43.2 (+3.9)
42 13.9
43 24.7
45 12.9
46 5.2

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

4コース/風の狙い目

向かい風
左横風

 

 

5コース

1着率は2018年の13位から2019年は6位と上昇しています。

センターが攻めて展開が向きやすいことや、コースが広いことにより外枠5・6が食い込む確率が比較的高く、二着率・三着率も平均以上
イン逃げ時の外枠ヒモ付けも回収率が高めとなっています。

決まり手では内側が握って旋回しやすいため「差し・まくり差し」率が高くなっています。

 

「5コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
51 28.3 (+0.1)
52 22.8
53 14.1
54 6.5
56 28.3

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「5コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
51 35.3 (-0.5)
52 16.5
53 14.5
54 24.1
56 9.6

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

5コース/風の狙い目

傾向なし

 

 

6コース

2019年データでは1着率が僅かに低下しましたが、2・3着率はトップクラス。

展開次第ですが、ヒモ穴となりやすいので切るか迷った時は買っておきたいですね。

 

 

多摩川のモーター

多摩川のモーター情報は、公式サイトで確認できます。

ボートレース多摩川 モーター成績

全速で攻めるスピード戦となるので、機力が非常に重要な要素となっています。
そして、多摩川の硬い水面で展開を突くには、パワーの他に選手の「乗りやすさ」も重要です。

「乗りやすい」・「体感が良い」などのコメントや、レース道中で競り勝っている選手は狙い目かと思います。

 

番組の傾向

多摩川の企画番組は1・9Rに組まれています。

レース 番組名 番組の概要
まつりだone 1・4号艇にA級
ターゲット9 A1級の選手が1号艇

 

1R「まつりだone」
1号艇1着率:59.8% (2016~2018年)
4号艇1着率:24.2%

インvsカドの番組で、A級1・4号艇の1着率が計80%を超えています。
当然「1ー4」「4-1」のどちらかで決まる確率も高め。

高配当を狙いやすいのは4アタマの下記出目です。

4-全ー1:4アタマの内25.2%、平均配当¥4,714
4-2356-2356:4アタマの内28.7%、平均配当¥12,256

50%程度を占めているので、4アタマ想定で舟券を買う場合は考慮したいところです。

 

9R「ターゲットナイン」
1コース1着率:75.1%(2015~2018年)

オーソドックスな企画番組で、12R中最も高いイン勝率です。
1-2の占有率は25.2%、1-3の占有率は20.3%と枠番ごとに続く順当な結果となっています。

 

全体的な番組傾向

他場同様に10~12RはA級が1号艇に入っており、終盤3Rのイン1着率は50%を超えています。

企画番組の1・9Rを除いた残りの7レースでは、8割程度1号艇にB級選手が入っています。
インを意図的に強くするよりは、どこからでも攻めれる多摩川らしい番組傾向となっています。

 

季節毎の傾向

季節毎のコース別成績です。

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
54.7 15.8 11.1 7.6 5.4 5.0
13.1 23.9 15.8 16.0 18.0 12.9
12.5 19.8 20.1 17.4 13.7 16.2
14.1 20.0 20.0 16.8 16.4 12.5
4.6 15.3 18.8 21.5 23.7 15.7
1.9 6.0 15.1 21.0 22.9 32.8

( 集計期間:2018年3月~2018年5月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
47.4 19.2 10.6 7.7 8.9 6.0
16.5 24.6 15.2 20.6 10.7 12.1
15.3 19.5 21.4 14.1 16.5 12.9
14.2 16.0 19.9 19.6 16.8 13.2
5.3 13.3 19.2 19.5 24.7 17.6
2.0 8.4 14.7 19.4 22.0 33.2

( 集計期間:2018年6月~2018年8月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
49.8 15.0 11.1 7.5 9.3 7.1
16.6 24.8 15.8 15.0 15.7 11.9
14.5 18.1 21.3 17.7 15.5 12.7
12.5 19.0 16.3 20.4 17.4 14.1
5.5 15.9 17.5 20.1 19.9 20.8
1.9 8.1 18.8 20.0 22.4 28.5

( 集計期間:2017年9月~2017年11月30日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
52.5 17.0 8.2 10.6 6.4 5.0
18.3 24.1 18.3 14.5 15.0 9.6
11.9 24.3 18.3 17.1 16.1 12.0
11.3 17.0 20.6 18.2 18.4 14.2
5.2 13.0 20.6 21.1 20.8 18.9
1.8 5.8 15.3 19.4 24.4 32.9

( 集計期間:2017年12月~2018年2月28日 単位:% )

まとめ

  • 日本一の静水面で、風の影響が少ない
  • 水質は淡水で硬い
  • 機力と選手の「乗りやすさ」に注目
  • どのコースからでも全速で攻めこむことが可能な水面の広さ
  • スタートを決めて先手を取った選手が主導権を握る
  • 1アタマの回収率が高い
  • 2・4コースのまくり率が比較的高め
  • 5・6コースの2・3着率が高い