ボートレース浜名湖競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

ボートレース浜名湖競艇場

基本データ

追記情報

2020/5/28:決まり手データを追記しました。
2020/1/22:2019年データを追記。
2019/5/15:24場比較順位、風速別データを追記。

 

 

浜名湖 関連データ

コース別成績・決まり手

浜名湖競艇場のコース別成績と決まり手です。

コース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
52.8 17.7 8.8
14.4 23.8 17.2
12.5 21.0 20.5
11.8 17.3 20.6
6.7 13.5 18.6
2.0 6.9 14.9

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
95.5 4.5
25.4 60.5 11.9
33.0 10.7 44.0 11.0
40.7 20.4 28.0 10.2
18.5 6.4 63.1 10.8
27.2 10.4 52.1 8.3

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別成績(2018)

コース 1着率 2着率 3着率
50.2 18.6 10.3
15.8 23.7 18.5
13.1 19.5 19.5
11.9 19.0 20.3
7.0 13.5 17.6
2.2 6.2 14.3

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース別決まり手(2018)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
94.7 0.0 0.0 0.0 5.0
0.0 26.7 62.1 0.0 8.4
0.0 31.2 13.6 41.4 12.5
0.0 36.9 20.5 31.0 9.7
0.0 25.3 8.9 52.5 11.4
0.0 20.4 8.2 51.0 14.3

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

 

条件別データ

優勝戦のコース別成績(2016-2019)

コース 1着率 2着率 3着率
62.0 10.8 7.0
12.0 24.7 19.1
8.2 20.9 22.3
8.2 19.0 23.6
7.6 12.0 15.3
1.9 12.7 12.7

( 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% )

優勝戦のコース別決まり手(2016-2019)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
99.0 1.0
26.3 63.2 5.3
61.5 0.0 23.1 15.4
53.8 0.0 15.4 15.4
25.0 16.7 58.3 0.0
0.0 33.3 33.3 33.3

( 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% )

 

記念レースデータ

記念レースでの成績は、2015~2019年に浜名湖で開催された以下の10節です。

2015
SG 第62回 ボートレースダービー
G1 開設62周年記念 浜名湖賞
G1 第60回 東海地区選手権

2017
G1 開設63周年記念 浜名湖賞
G1 開設64周年記念 浜名湖賞

2018
SG 第53回 ボートレースクラシック
G1 開設64周年記念 浜名湖賞
G1 第5回 ヤングダービー

2019
G1 第64回 東海地区選手権
G2 第1回 ボートレース甲子園

 

浜名湖 記念レースのコース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
53.3 16.1 9.2
11.4 26.7 18.6
13.6 17.1 18.8
12.5 19.4 18.6
6.8 13.2 16.8
2.4 7.5 17.9

( 集計期間:2015年~2019年 浜名湖開催SG・G1・G2 単位:% )

浜名湖 記念レースのコース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
94.0 6.0
25.6 61.0 11.0
30.6 9.2 48.0 11.2
40.0 16.7 31.1 11.1
18.4 6.1 63.3 8.2
5.9 11.8 47.1 29.4

( 集計期間:2015年~2019年 浜名湖開催SG・G1・G2 単位:% )

 

 

ボートレース浜名湖競艇場の特徴・傾向

ボートレース浜名湖

浜名湖競艇場 外観

浜名湖の西側に位置する、ボートレース浜名湖。
全国屈指の広大な水面を誇り、多くの選手から「乗りやすい」と評判のレース場です。

「湖」ですが水質は汽水(淡水と海水が混合)で、塩分濃度は海水に近くなっており比較的柔らかいと言われています。

各種データから、ボートレース浜名湖競艇場の特徴や傾向を見ていきます。

 

浜名湖水面図

浜名湖水面図

浜名湖水面図

ボートレース浜名湖オフィシャルサイトより引用

1マークのバック側が126mもあり、どのコースからでも全速で攻めこむことが可能な広さ

思い切り握っていけるスピード戦になり、決まり手も逃げを中心に、差し・まくり・まくり差しと多彩に決まるオールラウンドなレース場です。

 

コース幅も特徴的で、2マークとスタンド側までの距離が75m、スタートライン上の幅も59mと全国有数の広さです。
広い分だけアウトの選手は1マークまでの距離が遠くなるので不利になり、スタートで先手を取ってもインから伸び返されるケースも見られます。

 

また、全速で握って回ると旋回半径が大きくなるため、センター・アウト勢に展開が向きやすい傾向も。
艇と艇の間隔も広くなるので角度をつけた「まくり差し」が決まりやすく、「まくり差し」比率は平均以上で推移しています。

 

枠なり進入率が比較的低い

2マーク側の水域も広く、接戦レースで外から外に握って逆転なども見られます。

そして、ピットからの2マークまでの距離が153mと長め。
このため、コース取りが変わりやすく、枠なり進入率が比較的低くなっています。

コース 1 2 3 4 5 6
1枠 95.6 3.6 0.5 0.1 0.1 0.0
2枠 1.7 88.5 7.4 1.0 0.5 0.9
3枠 0.9 2.8 84.6 7.9 2.6 1.3
4枠 0.6 1.5 4.0 74.7 11.0 8.2
5枠 0.7 1.6 1.8 10.6 70.1 15.2
6枠 0.5 2.3 1.6 5.8 16.0 73.8

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

 

 

風の影響

浜名湖競艇場水面1

広大な水面かつ周囲に障害物がないため、風の影響を受けやすいレース場です。
また、風速5m以上の割合は約30%と強風が吹きやすくなっています。

 

オフィシャルサイトより風の解説を引用します。

風向き別の決まり手について、追い風と向かい風ではっきりと傾向が変わってくるのは、まくりとまくり差しだ。

 

通常、向かい風はダッシュが利き、まくりが決まりやすいと言われているが、浜名湖は逆。
追い風のほうがまくりが決まりやすくなっているのだ。
向かい風で強くなるのは、まくり差し。
風向きによって、狙い目になる選手のタイプを変えたほうが効率が良い。
なお、向かい風では、インコースの1着率がやや下がっている。

 

コース別では、追い風ではやはり3コース・4コースのまくりが決まりやすくなっている。
向かい風では5コースのまくり差しが急増していることに注目。
3コースのまくり差しも決まりやすくなっている。
なお、2コースと6コースのまくりは向かい風のときのほうが出現率が多いので注意が必要だ。
追い風で増えるまくりは、センターコースのものと覚えておきたい。

 

BOAT RACE 浜名湖公式サイト 水面特性より引用

まとめると、

  • 追い風でまくり、向かい風でまくり差しが強くなる
  • 追い風で3・4コースのまくり増加
  • 向かい風で5コースのまくり差しが急増、次いで3コース
  • 2・6コースのまくりは向かい風の方が多い
  • 向かい風で1コースの1着率がやや低下
  • データは2016年3月~2017年2月

 

 

以下は、風向きと風速によるコース別成績データです。

コース別成績(2019)、風速別1着率データ(2016~2018)ともに各集計期間の平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

なお、主に向かい風(47%)と追い風(37%)の割合が多くなっているため、サンプルの少ない無風と横風は省略しています。

向かい風

向かい風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
52.1 16.4 8.5
13.4 22.9 16.9
12.6 22.2 20.5
12.3 17.6 21.3
7.4 13.9 19.0
2.3 6.9 13.8

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

向かい風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 51.8 11.4 14.2 13.5 6.4 2.8
2m 53.6 17.8 9.7 11.2 6.2 1.6
3m 49.4 15.5 12.7 11.8 7.9 2.7
4m 47.3 15.2 14.7 12.1 8.1 2.6
5m以上 44.6 16.7 15.1 13.7 7.4 2.5

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
92.6 7.0
32.5 54.6 11.5
19.8 16.5 47.1 15.5
32.4 18.1 37.4 11.8
15.8 5.5 62.3 15.1
16.7 16.7 54.2 10.4

ボートレース浜名湖競艇場-向かい風データグラフ

風速4mを超えるとインが弱くなり、2〜6コースの1着率が上昇しています。

追い風と比較すると「まくり差し」率が優位です。

 

向かい風の内4mを超える割合は55%と多いので、注意したいですね。

 

追い風

追い風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
54.2 18.4 9.2
15.0 25.5 18.0
12.1 19.5 21.2
11.3 16.4 20.9
6.0 13.4 15.9
1.5 6.8 14.8

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

追い風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 54.8 14.8 14.4 11.5 3.0 1.5
2m 58.2 14.9 10.6 10.6 3.1 2.6
3m 50.5 17.5 11.3 11.9 6.7 2.1
4m 47.1 17.2 15.2 13.3 6.2 1.1
5m以上 44.7 18.1 15.2 12.8 7.3 1.9

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
92.1 7.9
26.2 63.3 7.4
49.2 8.6 26.9 14.7
39.1 22.5 27.8 6.5
25.0 11.4 53.4 9.1
5.0 15.0 60.0 15.0

ボートレース浜名湖競艇場-追い風データグラフ

追い風2m以内はイン優位ですが、風が強まると2〜4コースが強くなっています。

 

以前は「向かい風」で強くなっていた2コースですが、2019年ではセオリー通り「追い風が強まる=2コース差し」の傾向となっています。

 

また、決まり手ではセンター3・4コースの「まくり」率が増加傾向です。

 

 

コース別成績・決まり手分析

浜名湖と他のレース場との比較順位です。

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
18位 8位 10位
14位 21位 23位
10位 13位 12位
4位 16位 15位
4位 4位 6位
7位 8位 7位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
6位 21位 1位
20位 13位 5位 13位
15位 13位 9位 8位
16位 15位 4位 14位
9位 15位 9位 22位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
19位 6位 6位
11位 19位 11位
6位 19位 17位
7位 5位 15位
6位 5位 21位
9位 11位 8位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日)

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
8位 18位 20位
19位 11位 5位 13位
21位 10位 1位 13位
5位 11位 21位 11位
13位 17位 8位 8位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 )

 

 

コース別成績・決まり手分析

1コース

イン1着率は例年平均以下で推移。
条件別データ(SG・G1)や2018年以前のデータでもイン1着率はやや平均以下で、インが弱いと言うよりはセンターが利きやすい水面と言えます。

 

インからでも握って回れるレイアウトで不利ではないですが、強風が吹きやすいことがイン勝率を大きく下げています。
風速4mを超えると1着率50%を下回っているので、直前の風速はしっかりチェックしておきたいところ。

また、選手インタビューの情報では、インからの場合にスタート時の景色が定まりにくく「スタートが難しい」との声もあります。

 

以下は、1アタマの占有率と回収率データ。

占有率は低めですが、2019年のイン回収率は4位です。

データは2017~2019年の3年間で集計し、平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

出目  回収率  占有率
123 82.9 5.95 (-0.77)
124 74.1 4.53 (-0.63)
125 79.4 3.26 (-0.25)
126 81.4 2.75 (+0.06)
132 82.0 3.99 (-0.84)
134 70.8 3.53 (-0.61)
135 54.1 2.53 (-0.46)
136 67.6 2.44 (+0.16)
142 71.9 3.21 (-0.36)
143 75.1 2.77 (-0.22)
145 65.8 2.00 (-0.08)
146 71.7 1.73 (-0.03)
152 81.9 2.09 (+0.09)
153 85.0 1.63 (-0.08)
154 62.8 1.31 (-0.10)
156 69.5 1.21 (+0.12)
162 80.7 1.33 (+-0)
163 72.6 1.21 (+0.12)
164 69.9 1.05 (+0.10)
165 64.2 0.81 (+0.11)

 

 

 

2コース

1着率は例年平均値程度で推移しています。

向かい風が強まると「2コースまくり」率が若干増えています。

コース別に見てみると、まずは2コースまくり。

全国平均=4.1%に対して浜名湖は5.6%だ。

他のコースはほぼ全国平均と変わらない数値になっているので、ジカまくりの多さは非常に目立っている。

BOAT RACE 浜名湖公式サイト 水面特性より引用

 

2コースがまくると、航跡が重なりやすい3コースの展開がなくなることもあるので注意したいところ。

また、追い風が強まった時は「差し」が急増しています。

 

浜名湖は3コースが攻め手になりやすいので、インを逃す壁となる2コースのスタートと出方に注目して展開予想をしたいですね。

 

「2コースが差しで1着」時の2着率

コース 確率
21 61.9 (+0.9)
23 14.9
24 11.0
25 8.0
26 4.1

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「2コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
21 9.1 (-0.9)
23 33.4
24 29.0
25 19.2
26 9.3

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

3コース

1着率は例年上位でしたが、2019年データでは10位とやや低下しています。

決まり手比率は「まくり差し」が上位。

(中略)3コースまくり差しは、全国平均4.7%に対して5.8%。

BOAT RACE 浜名湖公式サイト 水面特性より引用

 

条件別データ(SG・G1)でも優秀な成績をキープしています。
広い水面のため展開を突きやすく、戦法の選択肢の多いセンターが強くなっている傾向があります。

 

「3コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
31 19.2 (-1.7)
32 21.0
34 33.2
35 17.2
36 9.4

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「3コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
31 58.0 (+0.1)
32 16.3
34 12.8
35 10.5
36 2.4

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

4コース

1着率は上位で、記念レースでも同様です。
決まり手は「まくり」優位ながらも「まくり差し」率が高め。

風速が強まると1着上昇率が高いので狙い目です。

 

「4コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
41 19.9 (-4.5)
42 19.4
43 10.6
45 33.6
46 16.4

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「4コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
41 37.7 (-1.6)
42 15.6
43 27.2
45 14.2
46 5.4

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

5コース

例年1着率が高く、2019年データでは2・3着も優秀。

決まり手は例年「まくり差し」率が上位となっています。

(中略)5コースまくり差しは、全国平均3.5%に対して4.3%。

やはり奇数コースの豪快かつあざやかな突き抜けが多くなっている。

BOAT RACE 浜名湖公式サイト 水面特性より引用

全速戦が展開される浜名湖では旋回半径が大きくなり、3・4コースが攻めると空いたスペースの展開を突いた「5コースのまくり差し・差し」が決まる確率も高くなります。
センター勢が攻めに出やすい強風時に一考したいですね。

 

「5コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
51 31.6 (+3.4)
52 19.5
53 12.8
54 10.5
56 25.6

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「5コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
51 37.9 (+2.1)
52 12.3
53 14.6
54 26.9
56 8.2

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

6コース

1着率は平均程度ですが、前述したコースの広さから基本的には不利。

アタマまでは厳しいですが、乗りやすいと言われる浜名湖では実力や機力が上位の選手はしっかり着に絡んでくるので軽視はできません。

また、浜名湖は進入が変わりやすいので、選手の前付け傾向や展示をしっかりチェックしておきたいですね。

 

 

浜名湖のモーター

浜名湖競艇場水面2

モーター情報は公式サイトで確認できます。

浜名湖 モーターランキング

勝率や優出回数だけでなく、現地記者のランク付けやコメントなどもあり、必要な情報は揃っています。

 

柔らかい水質で乗りやすい水面であることから、風が穏やかならば多少モーターパワーが劣勢でも選手の技量でカバーしやすいとも。
風が強まると機力勝負の面も大きくなります。

 

番組の傾向

浜名湖の企画番組は4・9Rに組まれています。

レース 番組名 番組の概要
ランチタイム戦 1号艇にA級、他にB級
進入固定戦 A級の枠番は流動的

 

4R「ランチタイム戦」
1コース1着率:71.2% (2016~2018年)

オーソドックスな企画番組で12レース中最も高いイン勝率です。
2着は枠番ごとに続く順当な結果となっています。

 

9R「進入固定戦」
1コース1着率:50.9%
2コース1着率:18.1%

A級の枠番は決まっていないので、イン勝率は平均程度。
2コースの1着率が高めですが、意外と混戦傾向です。

 

全体的な番組傾向

中盤戦までは1号艇にB級が入ることも多く、意図的にイン強化というよりは浜名湖らしく多彩な展開となりやすい番組傾向です。
終盤10~12RではA級が1号艇に入り、高いイン勝率となっています。

 

季節毎の傾向

季節毎のコース別成績です。

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
50.2 20.0 9.2 7.3 7.0 6.0
16.2 23.7 19.6 13.8 13.6 12.8
14.7 19.8 21.5 19.3 12.8 11.6
11.5 19.6 17.6 18.6 17.4 15.0
6.3 10.9 18.1 20.0 21.9 22.6
1.7 6.6 14.8 21.9 27.7 27.0

( 集計期間:2018年3月~2018年5月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
50.1 14.4 11.7 7.9 8.0 7.6
15.4 24.5 17.8 14.7 15.7 11.6
12.8 21.1 18.0 18.1 17.6 12.1
13.0 17.3 21.9 18.9 14.9 13.7
8.0 15.4 17.6 20.5 21.9 16.3
2.2 8.6 14.0 20.7 21.6 32.7

( 集計期間:2018年6月~2018年8月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
52.5 19.1 8.8 6.9 7.5 4.9
18.8 25.1 20.3 12.7 10.9 12.0
10.5 22.8 20.2 16.7 17.8 11.6
11.6 14.9 20.6 20.0 17.6 15.1
6.5 13.5 17.9 24.1 20.8 17.0
1.2 5.8 13.4 20.5 25.0 33.8

( 集計期間:2017年9月~2017年11月30日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
52.6 19.7 10.1 7.2 6.4 3.7
16.5 23.3 20.6 15.8 16.8 6.7
12.4 18.1 21.0 19.4 16.6 12.2
10.2 21.6 21.3 18.1 12.9 15.6
7.0 13.5 16.4 20.6 23.4 18.9
2.5 4.9 11.6 19.8 24.0 36.9

( 集計期間:2017年12月~2018年2月28日 単位:% )

 

季節毎の傾向

春(3〜5月)

3月~5月は風の変化が大きくなり、風向きや風速が安定しない季節。

基本的には追い風傾向ですが、春の季節風や気温が上がってくると向かい風も出てきます。

前半と後半の気温差も大きくなる時期のため、調整が難しい時期とも言われています。
展示や選手コメントから仕上がりは確認しておきたいですね。

 

夏(6〜8月)

向かい風傾向の季節です。

1マーク側の海から湿気を含んだ風が吹くことによる湿気や、水温の上昇・気圧の低下により回転が上がらず出足や行き足に影響します。

このため、浜名湖の夏の時期のイン勝率は例年低くなっており、向かい風傾向と合わせてダッシュ勢が有利な時期になっています。

 

秋(9〜11月)

向かい風傾向ですが、気象条件や水面状況としては一番安定している季節です。

モーターパワーも上昇し、イン勝率も春・夏に比べて上がってきます。

注意点としては、10月下旬頃からはモーターに温水パイプが装着されるため、機力が変化する可能性があります。
また、冬に近づくにつれて追い風も増えてきます。

 

冬(12月〜2月)

追い風傾向。

強い追い風が吹くと1マークの水面が荒れるため、インが流れたところをモーターパワーのある選手の突き抜けで高配当が飛び出すことも。

風が強まった時は、追い風に有利な3・4コースのまくりや、2コースの差しに注目です。

 

浜名湖オリジナル展示データ

浜名湖オリジナル展示データ計測位置

浜名湖オリジナル展示データ

ボートレース浜名湖オフィシャルサイトより引用

浜名湖オフィシャルサイトでは、通常の展示タイムに加えて独自計測値の「一周」・「まわり足」・「直線タイム」のデータが公開されています。

 

浜名湖オリジナル展示データ

展示評価は5段階で評価され、ピンクが1位・黄色が2位と分かりやすい表示になっています。

展示タイム
  • 通常の展示タイムはバック側スリット裏から150m区間で計測。伸びが反映
  • 「直線タイム」はターン後の直線を計測。出足や行き足が反映。  
  • 「まわり足」は文字通り、回り足が反映
  • 一周タイムは総合的な判断の参考

まとめ

  • 全国屈指の広大な水面
  • 水質は柔らかく、「乗りやすい」と評判のレース場
  • 枠なり進入率は比較的低い
  • どのコースからでも全速で攻めこむことが可能
  • 24場で比較するとインがやや弱く、3~5コースが強い
  • まくり差しがトップクラスに決まりやすい