ボートレース桐生競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

ボートレース桐生競艇場特徴

ボートレース桐生競艇場

基本データ

追記情報

2020/5/26:決まり手データを追記しました。
2020/1/21:2019年データを追記。

 

 

桐生 関連データ

コース別成績・決まり手

桐生競艇場のコース別成績と決まり手です。

コース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
51.8 16.7 9.9
14.4 27.1 17.9
12.9 21.3 21.5
11.7 18.0 20.2
7.1 11.2 18.6
2.0 5.8 12.1

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
95.1 4.7
27.2 60.9 10.1
37.0 12.0 39.6 11.3
46.6 17.8 27.8 7.5
22.8 8.8 59.6 7.6
16.3 4.1 57.1 18.4

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別成績(2018)

コース 1着率 2着率 3着率
50.5 18.6 10.6
15.3 24.5 17.8
12.6 19.8 20.7
11.8 17.9 19.4
7.8 13.8 18.8
2.1 5.9 13.0

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース別決まり手(2018)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
93.6 0.0 0.0 0.0 6.1
0.0 26.5 62.4 0.0 10.2
0.0 38.4 13.9 29.9 17.4
0.0 50.8 18.6 21.2 8.7
0.0 22.4 9.8 58.6 8.6
0.0 19.1 14.9 53.2 12.8

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

 

条件別データ

優勝戦のコース別成績(2016-2019)

コース 1着率 2着率 3着率
75.3 12.3 4.1
6.2 34.2 19.2
8.2 19.2 21.9
6.8 16.4 24.0
3.4 13.0 13.7
0.0 4.8 17.1

( 集計期間:2016年1月~2019年12月31日 単位:% )

優勝戦のコース別決まり手(2016-2019)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
98.2 1.8
22.2 66.7 11.1
33.3 0.0 41.7 16.7
40.0 20.0 30.0 10.0
0.0 20.0 60.0 20.0
0.0 0.0 0.0 0.0

( 集計期間:2016年1月~2019年12月31日 単位:% )

 

記念レースデータ

記念レースでの成績は、2016~2019年に桐生で開催された以下の8節です。

2016
SG 第62回 ボートレースメモリアル
G1 開設60周年記念 赤城雷神杯
G1 ダイヤモンドカップ・ドラキリュウプレミアム

2017
G1 開設61周年記念 赤城雷神杯
G1 第62回 関東地区選手権

2018
G1 開設62周年記念 赤城雷神杯

2019
SG 第22回 チャレンジカップ / レディースCC
G1 開設63周年記念 赤城雷神杯

 

桐生SG・G1のコース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
57.4 15.9 8.0
12.3 25.8 15.2
11.2 21.5 22.8
7.8 16.1 20.4
9.5 14.0 15.9
1.7 6.7 17.6

( 集計期間:2016年~2019年 桐生開催SG・G1 単位:% )

桐生SG・G1のコース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
92.8 7.2
23.9 60.6 15.5
29.2 16.9 43.1 10.8
64.4 15.6 11.1 6.7
14.5 3.6 70.9 9.1
10.0 30.0 30.0 20.0

( 集計期間:2016年~2019年 桐生開催SG・G1 単位:% )

 

 

桐生競艇場の特徴・傾向

ボートレース桐生

全国24場で最も最北端に位置するボートレース桐生。

主な特徴としては、

オールナイター開催
淡水で硬い水質
気圧によるモーターへの影響
スタートが難しい
スロー不利、ダッシュ有利

などが挙げられます。

各種データから、ボートレース桐生競艇場の特徴や傾向を見ていきます。

 

気圧によるモーターへの影響

標高124mと全24場で最も高い場所に位置し、他場よりも気圧が低いことが桐生の特徴です。

気圧が低いとモーターの回転の上がりが遅くなり、特に「出足」に影響します。
出足は車でいえばローギアで、低速からの加速部分。
レースではスタート時の起こしや、ターン後の加速しやすさが出足を表しています。

 

そして、出足が弱いと助走距離の短いスロー勢は加速が付かず不利になり、スピードに乗れるダッシュ勢が有利。
これが桐生のダッシュが強い理由の一つとなっています。

 

また、気圧以外に気温や湿度も出足に影響します。
モーターにとってマイナスの要素が多い桐生では、モーターの個体差や性能差が大きく出やすいとも言えます。

 

スタートにも影響を及ぼす

気圧の低さは「行き足」にも影響します。
起こしからスリット近辺までの加速で、最高速の「伸び」に繋がる部分です。

この行き足が悪いとスタートが難しくなり、よく耳にする「スタートが届いていない」状態になります。

また、ナイター時間帯の水面の暗さや、昼と夜の気温差で調整が難しいこともスタートの難しさに拍車をかけています。

 

桐生はモーター調整やスタートに特徴があるので、特に初日は走り慣れた地元選手や当地巧者に注目です。
二日目以降は前走のSTに注目して、スタートを掴んでいるか見極めたいところ。

桐生公式サイトでは3年以内直近5節の節間成績が確認できるので、参考にしたいですね。

 

 

桐生水面図

ボートレース桐生競艇場水面図

桐生水面図

ボートレース桐生水面特性より引用

貯水池の阿左美沼を利用したプール型で、流れや水位の変化はありません。
淡水で硬い水質のため、機力が成績に反映されやすい水面です。

 

水面図を見てみると、コース幅や1マークは平均的。
「イン逃げ」も「まくり」も決まるバランスの良い水面レイアウトと言えます。

 

特徴的なのはピットから2マークの距離。
距離が165mと長く、枠なり進入率は低めで推移しています。

毒島選手のスーパーピット離れや、師匠の江口選手の積極的な前付けなど地元選手のスタイルにも現れており、枠なり進入が崩れる可能性は想定しておきたいですね。

コース 1 2 3 4 5 6
1枠 97.0 2.5 0.3 0.1 0.1 0.1
2枠 1.5 89.5 6.8 1.3 0.3 0.5
3枠 0.5 3.2 85.5 7.9 1.9 1.1
4枠 0.4 1.9 3.5 77.0 10.9 6.3
5枠 0.4 1.6 2.3 9.8 72.0 13.8
6枠 0.3 1.4 1.7 4.5 14.8 77.4

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

 

桐生 風データ

風向きと風速によるコース別成績データです。

コース別成績(2019)、風速別1着率データ(2016~2018)ともに各集計期間の平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

無風

無風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
56.4 17.4 7.9
14.4 27.7 18.7
11.2 21.9 21.9
9.4 17.2 23.2
7.1 9.9 17.0
1.5 5.8 11.2

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

無風時の風速別1着率(2016-2018)

  1 2 3 4 5 6
無風 51.4 15.0 12.6 12.1 7.2 1.7

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
94.3 5.4
21.2 67.2 10.4
30.5 10.8 40.4 16.7
44.1 16.9 23.6 13.8
16.5 13.0 61.7 8.7
28.6 3.6 46.4 17.9

桐生競艇場-無風データグラフ

無風時はスタートを決めやすく、イン勝率が上昇傾向です。

 

向かい風

向かい風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
44.7 15.2 12.4
14.0 24.0 18.2
14.5 20.5 22.2
15.2 20.8 17.1
9.8 12.6 18.3
2.3 7.1 12.3

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

向かい風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 41.7 15.5 15.0 17.4 7.9 2.6
2m 46.9 14.6 12.0 13.9 10.6 2.0
3m 41.6 15.1 14.8 16.8 8.6 3.1
4m 49.4 13.5 11.6 17.0 7.3 1.1
5m以上 48.3 9.0 14.6 21.4 5.6 1.1

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
89.4 10.6
42.9 46.4 10.7
38.9 13.0 40.7 7.4
57.0 6.3 26.6 10.1
22.6 3.2 61.3 12.9
0.0 20.0 40.0 40.0

桐生競艇場-向かい風データグラフ

風の抵抗を受けて加速が付きにくい向かい風では、ダッシュ勢優位。

特に4・5コースの上昇値が大きい傾向です。

 

 

また、風速4mからイン勝率が高くなっている点にも注目です。

「出足が鈍る桐生+強い向かい風」条件では、早めの起こしからの思い切った全速スタートが決まっていると考えられます。

 

追い風

追い風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
54.3 18.3 8.3
15.6 29.3 17.0
13.2 21.7 21.5
10.8 16.0 21.6
4.7 10.0 19.4
2.2 4.9 12.9

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

追い風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 52.9 17.4 11.4 10.1 6.3 1.7
2m 58.2 15.2 8.9 11.4 4.8 1.5
3m 47.8 17.1 15.1 11.2 6.4 2.4
4m 45.7 15.9 15.1 13.6 8.1 1.6
5m以上 42.0 18.8 14.5 14.8 7.4 2.5

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
91.0 9.0
18.8 67.7 12.9
41.1 19.2 23.2 16.6
37.6 27.5 22.1 12.8
17.9 11.5 59.0 11.5
26.1 17.4 34.8 21.7

桐生競艇場-追い風データグラフ

冬から春は桐生名物「赤城おろし」で強い追い風が吹きます。
5mを超える強風の約80%が追い風という極端な傾向となっています。

 

 

風速で見ると、2mまでの追い風ではイン優位。

 

3mからは2・3コースが優位となり、4mを超えると4コースも上昇傾向です。

 

横風

左横風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
56.3 14.1 12.1
12.1 27.5 19.0
10.6 21.1 19.9
10.2 18.7 18.7
8.2 14.7 20.4
2.0 4.5 10.7

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

左横風時の風速別1着率(2016-2018)

風速 1 2 3 4 5 6
1m 55.6 13.4 13.4 9.3 5.9 2.3
2m 52.7 14.2 10.7 12.6 9.2 0.6
3m以上 47.2 11.8 14.2 18.9 3.9 3.9

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
96.0 4.0
38.3 53.3 8.3
46.2 7.7 26.9 19.2
51.6 12.5 26.6 9.4
20.6 2.9 61.8 8.8
28.6 0.0 42.9 28.6

桐生競艇場-左横風データグラフ

左横風は風速1~2mが85%を占めており、結果的にイン優位となっています。

 

 

コース別成績・決まり手分析

桐生と他のレース場との比較順位です。

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
19位 15位 6位
14位 5位 17位
9位 12位 7位
6位 9位 18位
3位 21位 6位
7位 15位 20位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
5位 20位 7位
14位 10位 11位 10位
7位 17位 10位 19位
10位 6位 13位 20位
19位 24位 3位 9位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
17位 6位 4位
15位 12位 16位
10位 16位 7位
8位 15位 21位
2位 3位 5位
10位 14位 17位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
9位 16位 13位
11位 9位 18位 1位
3位 15位 21位 19位
9位 8位 15位 17位
15位 6位 6位 10位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

 

コース別成績・決まり手分析

1コース

イン勝率は平均より低めで例年推移しています。

記念レースでは1着率が上昇していますが、全国で見ると平均以下です。

 

以下は、1アタマの占有率と回収率データ。

データは2017~2019年の3年間で集計し、平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

出目  回収率  占有率
123 83.9 6.57 (-0.15)
124 75.5 4.08 (-1.07)
125 56.5 3.34 (-0.16)
126 79.3 2.70 (+0.01)
132 71.9 4.18 (-0.65)
134 66.2 3.44 (-0.70)
135 80.3 3.40 (+0.42)
136 63.4 1.88 (-0.40)
142 66.3 2.99 (-0.59)
143 60.7 2.37 (-0.62)
145 68.5 2.15 (+0.07)
146 51.3 1.37 (-0.39)
152 89.9 2.58 (+0.58)
153 71.6 1.81 (+0.10)
154 62.9 1.43 (+0.02)
156 51.5 1.03 (-0.06)
162 64.8 1.36 (+0.03)
163 67.8 0.84 (-0.26)
164 49.7 0.73 (-0.21)
165 46.6 0.56 (-0.14)

 

 

インの信頼度が上がるのは「無風~2mまでの緩やかな風」です。
風の傾向がはっきりと出る水面なので、機力とスタートを前提にインの取捨選択をしたいですね。

 

1コース / 風の狙い目

無風~2mまでの風
向かい風4m以上ではやや1着率高め

 

 

2コース

成績は平均程度で、記念レースでも同様です。

2コースの狙い目は「追い風」
強い追い風「赤城おろし」が吹く春は、例年2コースの1着率が上昇しています。

決まり手では「差し」が増加し、追い風条件で絞れば2アタマの回収率は上昇傾向です。
桐生の独自タイム「まわり足タイム」を参考に、「差し」が決まる機力があるか判断したいですね。

 

また、スタートが難しい桐生ではインが遅れた場合の「2コースまくり」率も高めで推移しています。

 

「2コースが差しで1着」時の2着率

コース 確率
21 56.7 (-4.3)
23 17.3
24 14.6
25 7.1
26 4.4

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「2コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
21 6.9 (-3.1)
23 37.1
24 26.6
25 19.1
26 10.3

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

3コース

1着率は平均よりやや高く、記念レースでも同様。

強いダッシュ勢を受けとめるカド受けなので、3コース次第で展開が左右することも。
スタートで凹めばダッシュの攻めが決まり、揃えば壁となって内枠で決まりやすくなります。

決まり手は「まくり」優位ながら、バランス良く決まっています。
そして、3コースが強くなる「追い風3m以上」では若干「まくり差し」率が上昇しています。

 

3コース / 風の狙い目

追い風3m以上

 

「3コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
31 19.9 (-1.0)
32 20.8
34 30.1
35 19.2
36 10.0

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「3コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
31 59.6 (+1.7)
32 14.3
34 15.7
35 7.9
36 2.5

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

4コース

後述する番組の影響もありますが、1着率は例年上位で推移しています。
2016年データではトップクラスの成績だったことも。

ただし、記念レースでは1着率は平均程度。
実力者が集うレースではスリットが揃いやすく、一般戦ほどの優位性はありません。

 

記念レースで狙うならシリーズ序盤。
スタートやモーター調整が難しい桐生では、序盤の方が荒れやすい傾向があります。
中盤になるとしっかり対応して、順当にインから決まっていくので本命サイドの決着が多くなります。

 

また、出目データ(2018)を見ると4アタマの回収率は全体的に低く、過剰人気の傾向があります。
桐生のカドが強いのはボートファンに知れ渡っているので、オッズ妙味を考えて狙いたいですね。

出目データ(2019)では占有率はほぼ変わっていないですが、回収率は全体的に上昇。
「4ー6ー3」が2016~2019年の4年間平均で回収率105.8%と偏った結果となっています。

 

4コース / 風の狙い目

向かい風

 

「4コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
41 22.6 (-1.8)
42 17.8
43 10.2
45 32.8
46 16.6

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「4コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
41 38.9 (-0.4)
42 13.7
43 24.8
45 16.7
46 5.9

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

5コース

センターが利く桐生では5コースに展開が向きやすく、1着率は例年上位。

記念レースでもトップクラスの数値です。

記念レースのデータはどうしてもサンプルが少なくなるので信頼度は下がりますが、例えば2018年9月開催の「G1赤城雷神杯」では5コース1着率は13.9%。
節間で一日あたり1.7本決まっていたことになり、決まり手はほぼ「まくり差し」となっています。

 

5コース / 風の狙い目

向かい風

 

「5コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
51 29.8 (+1.6)
52 29.8
53 10.6
54 10.6
56 19.1

( 集計期間:2016年~2019年 単位:%  全国平均より上位の数値を赤下位の数値を青)

 

「5コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
51 34.4 (-1.4)
52 15.6
53 11.9
54 31.2
56 6.9

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

6コース

成績は平均程度で、記念レースでも同様。

ダッシュ優位の水面でもさすがに遠く、展開が向かないとアタマまでは厳しい結果です。

前述したように6号艇の選手がコース取りをしやすいので、選手の前付け傾向や展示をしっかり確認しておきたいですね。

 

 

桐生のモーター情報

桐生のモーター情報は公式サイトから確認できます。

モーターランキング

 

また、公式の「直前情報」では独自タイムが公開されています。

桐生競艇展示データ

桐生 独自タイム測定位置

ボートレース桐生オフィシャルサイトより引用

出足や行き足が反映される直線タイムを中心に、展開予想に加味したいですね。

展示タイム
  • 通常の展示タイムはバック側スリット裏から150m区間で計測。伸びが反映
  • 「直線タイム」はターン後の直線を計測。出足や行き足が反映。  
  • 「まわり足」は文字通り、回り足が反映
  • 一周タイムは総合的な判断の参考

 

季節毎の傾向

季節毎のコース別成績です。

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
51.7 19.6 10.6 6.5 5.4 5.8
17.6 22.0 19.2 18.1 14.7 8.1
12.1 24.5 19.6 17.6 14.6 11.4
10.9 15.6 20.2 19.9 20.1 13.1
6.5 13.3 18.8 22.7 21.5 16.9
1.9 5.9 12.7 16.2 23.4 39.6

( 集計期間:2018年3月~2018年5月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
49.6 16.6 11.3 9.4 5.8 6.9
14.4 26.3 16.5 16.1 14.4 12.0
12.0 15.9 21.9 18.4 17.6 13.9
13.6 18.3 18.5 19.3 17.5 12.6
9.2 15.7 19.7 18.2 20.1 16.8
1.7 7.8 12.7 19.1 24.1 34.4

( 集計期間:2018年6月~2018年8月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
49.6 16.8 10.0 10.5 6.1 6.8
15.6 25.0 19.0 15.6 12.5 12.1
12.8 19.4 18.7 18.9 17.2 12.6
15.2 18.5 18.7 18.3 16.3 12.8
7.3 13.4 17.8 21.1 22.7 17.4
0.9 7.9 16.9 16.7 24.9 32.4

( 集計期間:2017年9月~2017年11月30日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
50.3 21.2 8.9 6.6 7.1 5.5
15.4 24.1 21.5 16.4 13.0 9.3
12.2 19.0 21.7 17.7 17.2 12.0
13.1 18.8 17.0 20.5 18.1 12.2
7.6 12.3 20.2 21.4 21.8 16.4
2.5 5.6 11.9 18.5 22.7 38.4

( 集計期間:2017年12月~2018年2月28日 単位:% )

 

季節毎の傾向

春(3〜5月)
「赤城おろし」で強い追い風が吹く時期
2・3コースの1着率が上昇

夏(6〜8月)
一年を通して最も風が穏やかな時期
気温で出足が鈍り、ダッシュ優位

秋(9〜11月)
風は冬に向けて徐々に追い風
昼夜の気温差が大きい時期

冬(12月〜2月)
追い風傾向
季節風が強まり、安定板の装着も見られる
12月にモーター交換

 

 

番組の傾向

桐生の企画番組は1・6・8Rに組まれています。

レース 番組名 番組の概要
目玉レース 4号艇にA級、他にB級
目玉レース 1号艇にA級、他にB級
いちごレース 1・5号艇にA級、他にB級

 

1R「目玉レース」

4号艇1着率:44.8%
4アタマ平均配当:¥3,294
4コースまくり率:41.8%

1号艇1着率:27.8%
1アタマ平均配当:¥4,078

 

4号艇にのみA級選手が入る珍しい番組です。
ダッシュが利く桐生らしく、4号艇1着率は非常に高い結果に。

「4コース1着率 8位(2018年)」はこの番組の影響で押し上げられている部分もあります。

 

R「目玉レース」

1号艇1着率:78.2%
1アタマ平均配当:¥1,574

オーソドックスな企画番組。
イン逃げ時の2着も、順当に内コースから続く結果です。

 

R「いちごレース」

1号艇1着率:60.0%
1アタマ平均配当:¥2,107

5号艇1着率:22.9%
5アタマ平均配当:¥5,220

1-5:26.2%
5-1:11.1%

このレースでも5コースの成績が押し上げられています。
A級選手のアタマ決着が多くを占め、番組の意図通りの結果となっています。

 

全体的な番組傾向

企画番組を除いた前半2~5Rは1号艇にB級が入ることも多く、イン勝率は低め。
7~12Rは1号艇にA級が入り、終盤に向けてイン勝率が上昇していく傾向です。

 

まとめ

  • 最北端に位置するオールナイター場
  • 水質は淡水で硬い
  • 標高の高さから気圧が低く、モーターの出足が鈍る
  • 行き足も鈍り、スタートが難しい
  • 水面レイアウトはピット以外は平均的
  • ピットの距離が長く、枠なり進入率が低い
  • 風の影響は比較的大きい
  • イン1着率は平均よりやや下
  • ダッシュが利き、4・5コースの1着率が高い