ボートレース鳴門競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

ボートレース鳴門競艇場

ボートレース鳴門競艇場

基本データ

 

追記情報

  • 2021/9/14:潮データを追記しました。
  • 2021/2/25:企画番組の分析データを追記。
  • 2021/2/2:各種データを更新。
  • 2021/1/11:2020年コース成績・順位を追記。

 

 

鳴門 関連データ

コース別成績・決まり手

ボートレース鳴門競艇場のコース別1着率比較

コース別成績(2020)
コース 1着率 2着率 3着率
53.6 18.4 8.5
16.7 26.4 16.4
12.8 21.0 20.5
9.4 17.0 20.5
6.9 12.1 18.5
1.9 6.2 16.9

( 集計期間:2020年1月~2020年12月31日 単位:% )

コース別決まり手(2020)
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
93.1 6.7
18.3 71.7 8.6
39.6 13.3 34.1 11.9
37.7 27.4 24.7 9.3
18.5 7.0 61.8 10.8
16.7 23.8 40.5 16.7

( 集計期間:2020年1月~2020年12月31日 単位:% )

コース別成績(2019)
コース 1着率 2着率 3着率
48.9 17.2 10.1
16.4 22.7 18.3
15.8 20.4 18.5
10.6 20.1 18.9
6.2 13.1 19.6
2.1 7.2 15.2

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別決まり手(2019)
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
95.7 4.3
28.7 59.5 10.5
46.6 12.9 31.1 8.3
38.7 21.3 31.9 7.2
18.1 5.1 62.3 14.5
17.0 27.7 46.8 8..5

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別成績(2018)
コース 1着率 2着率 3着率
49.1 18.6 9.7
16.5 22.7 18.2
14.0 20.0 18.2
11.5 19.2 20.9
6.7 12.8 18.7
2.3 7.2 14.6

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース別決まり手(2018)
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
92.0 0.0 0.0 7.9
26.5 62.2 9.1
43.9 13.8 29.8 11.8
39.4 22.0 26.3 11.4
22.5 3.6 58.7 14.5
19.1 21.3 38.3 17.0

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

 

記念レースデータ

記念レースでの成績は、2016~2020年に鳴門で開催された11節です。

2016
SG 第21回 オーシャンカップ
G1 開設63周年記念 大渦大賞

2017
SG 第27回 グランドチャンピオン
G1 開設64周年記念 大渦大賞
G1 第60回 四国地区選手権競走

2018
G1 開設65周年記念 大渦大賞
G1 ダイヤモンドカップ

2019
G1 開設66周年記念 大渦大賞
G1 第62回 四国地区選手権競走

2020
SG 第25回オーシャンカップ
G1 開設67周年記念 大渦大賞

 

【鳴門】記念レース成績
コース 1着率 2着率 3着率
57.7 12.9 8.7
12.4 25.7 17.4
13.3 22.6 17.6
8.5 19.2 20.6
7.0 12.7 18.7
2.3 8.2 18.4

( 集計期間:2016年~2020年 開催SG・G1 単位:% )

【鳴門】記念レース決まり手
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
92.9 6.9
22.7 60.8 14.4
43.3 17.3 30.8 8.7
31.8 30.3 28.8 7.6
12.7 7.3 72.7 7.3
11.1 38.9 38.9 5.6

( 集計期間:2016年~2020年 開催SG・G1 単位:% )

 

 

 

鳴門競艇場の特徴・傾向

全国屈指のイン受難水面

ボートレース鳴門競艇場の外観写真

「鳴門のうず潮」で有名な鳴門海峡の近くにある、小鳴門海峡に位置するボートレース鳴門。
改修工事により2年以上休催していましたが、2016年4月よりリニューアルオープンしています。

全国でも上位のインが弱い水面ですが、その分どのコースからでも狙えるのが鳴門の特徴。
荒れやすく万舟率も高くなっているので、穴党には絶好のレース場です。

 

24場比較順位(2020年)
コース 1着率 2着率 3着率
17位 7位 12位
4位 11位 24位
10位 13位 17位
17位 19位 15位
4位 15位 15位
12位 10位 4位

 

鳴門オフィシャルサイトの水面特性ページから、地元徳島支部のエース田村隆信選手の解説を引用しながら、特徴や傾向を見ていきたいと思います。

 

 

鳴門水面図

ボートレース鳴門競艇場水面図

鳴門水面図

ボートレースオフィシャルサイトレース場データより引用

 

まずは、田村隆信選手の解説から。

形状がスタートラインから1マークへ向けて内側へ狭くなっており、隣の艇との間隔が狭いので差しが狙いにくく、インコースがすごく難しい水面です。

 

 グレードレースでもイン逃げがなかなか決まらず、僕自身もまくりを狙っています。
隣の艇がまくってくれれば差せますが、まっすぐ走って差すのが難しい。
2コースなら1コースの艇が飛び出て差しが決まることもありますが、4コースの差しはとくに難しいです。 

 

伸び型にして、スタートを決めて、まくる、というシンプルなスタイルが決まりやすく、コース不問で勝負できるレース場です。

ボートレース鳴門/水面特性より引用

 

鳴門を衛星写真で見てみると、

スタンド側の壁が斜めになっており、コース幅が狭くなっています。

コース幅が狭い・1マークの振りが大きい水面レイアウトの競艇場はインが弱く、「まくり率」が高くなる傾向があります。

 

ただ、1年間のデータで見ると、3コース以外の「まくり率」は下位。
これはインにA級選手が入る企画番組などの影響もあり、実力が拮抗する記念レースの「2〜6コースまくり率」は平均以上で推移しています。

水面レイアウトは「まくり優位」なので、行き足・伸びに注目しておきたいですね。

24場比較順位(2020年決まり手)
コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
24位 1位 19位
6位 8位 18位 13位
19位 3位 12位 10位
18位 11位 6位 14位
22位 3位 16位 6位

 

 

 

2マーク側ではピットから83mと短く、枠なり進入率は高めで推移しています。

コース 1 2 3 4 5 6
1枠 99.4 0.6 0.0 0.0 0.0 0.0
2枠 0.3 95.3 3.2 0.9 0.2 0.1
3枠 0.1 1.4 92.6 4.5 1.0 0.4
4枠 0.0 0.5 1.5 87.3 8.8 1.9
5枠 0.0 1.1 0.9 4.2 81.8 12.0
6枠 0.1 1.4 2.0 3.1 8.2 85.2

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

 

そして、鳴門のバック側は「鳴門の花道」と呼ばれており、こちらも田村選手の解説から。

バックストレッチ(BS)の内側にすごく伸びる位置があって、選手間では「鳴門の花道」と言われています。

 

1マーク旋回後に6コースから最内を差した選手がBSで伸びて1着になるケースや、4、6コース差しの選手が舟券に絡んでくる展開もあります。

ボートレース鳴門/水面特性より引用

1・2ターンマークやセンターポールがほぼ直線に配置されていて、バックで伸びて逆転は鳴門ではよく見られます。
全国で比較すると決まり手「抜き」率も平均以上です。

 

 

鳴門の潮

ボートレース鳴門競艇場の水面写真

水質は海水で、満潮・干潮による水位の変化があります。

競争水面を防波堤で囲われているため、追い潮などの流れは少ないようです。

ボートレース鳴門競艇場-潮の変化例(潮汐)グラフ

潮の基本情報
  • 満潮と干潮は1日に2回ずつ入れ代わる
  • 大潮:潮位差が一番大きい
  • 中潮:大潮と小潮の間の期間
  • 小潮:潮位差が一番小さい
  • 長潮:小潮の末期期間
  • 若潮:長潮の翌日から大潮に向かう期間

 

田村選手の解説では「干潮ならまくり、満潮ならイン有利」

小鳴門海峡に面した海水の水面ですが、防波堤があるので大きな波やうねりはありません。

海水なので干満差があります。干潮ならまくり、満潮ならインが有利。
満潮時は乗りにくく、レースも荒れやすいです。
満潮時でも水位の上昇中と下降中では全然違って、下がってきているときのほうが断然乗り心地がいいです。

ボートレース鳴門/水面特性より引用

 

実際の潮位データ(3年間)でも、満潮はインが有利です。
※宮島や児島など満潮でインが弱くなる競艇場もあるので注意

ボートレース鳴門競艇場-潮の影響(イン)

 

そして、まくり率は満潮時に低下しています。
潮位が高いと「乗り心地が悪くなる」と言われているので、選手コメントや展示から判断したいですね。

ボートレース鳴門競艇場-潮の潮位別まくり率データ

各コースの詳細はコース別分析にまとめています。

 

満潮・干潮の時間はボートレース鳴門オフィシャルサイトで確認できます。

ボートレースなると潮見表

 

 

風データ

ボートレース鳴門競艇場の1マーク水面写真

小鳴門海峡という位置的に風が吹きやすく、気象条件がレースに与える影響は大。

施設リニューアル後に2マークで風の影響が出ているようです。

施設リニューアル後、2マーク側に遮るものがなくなって、旋回時に横風を感じるようになりました。
旋回の立ち上がりのときに風をはらんでしまうと体勢を崩すこともあるので風が強い日は要注意です。

ボートレース鳴門/水面特性より引用

 

以下は、風向きと風速によるコース別成績データ。
集計期間の平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

向かい風

【向かい風】風速別1着率(2016-2020)
風速 1 2 3 4 5 6
1m 53.3 12.9 13.2 9.9 8.1 2.5
2m 50.3 15.9 13.3 10.2 8.0 2.3
3m 48.5 14.3 13.8 12.5 8.8 2.2
4m 49.6 14.8 16.0 9.7 8.1 1.8
5m以上 48.9 13.9 14.3 12.6 7.7 2.6

ボートレース鳴門競艇場-向かい風の決まり手割合

【向かい風1~4m】成績(2016-2020)
コース 1着率 2着率 3着率
50.0 16.9 9.0
14.7 21.9 17.6
13.9 20.0 19.0
10.8 20.2 19.5
8.3 13.0 18.9
2.2 8.0 16.1
【向かい風1~4m】決まり手(2016-2020)
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
94.7 5.1
28.5 60.5 9.9
35.1 15.0 39.3 9.6
39.9 18.0 29.4 11.4
18.0 4.7 67.5 9.0
19.1 19.1 47.1 13.2
【向かい風5m以上】成績(2016-2020)
コース 1着率 2着率 3着率
48.9 15.9 7.9
13.9 23.8 18.3
14.3 20.2 18.5
12.6 19.4 20.0
7.7 12.4 19.3
2.6 8.3 16.1
【向かい風5m以上】決まり手(2016-2020)
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
94.0 6.0
31.0 54.9 11.3
34.2 24.7 32.9 6.8
32.8 12.5 45.3 9.4
23.1 2.6 56.4 17.9
0.0 15.4 69.2 7.7

鳴門では例年「向かい風」でインが強く、「向かい風=イン不利」のセオリーと逆の結果に。

風向きを問わず風速が強くなればイン1着率は低下しますが、向かい風では若干低下する程度です。

 

 

強くなるのは5コース。

センターが攻めやすい条件のため展開が向きやすく、「まくり差し」が増加しています。

イン逃げ時の「1ー5」決着も多くなり、回収率的に狙い目です。

 

追い風

【追い風】風速別1着率(2016-2020)
風速 1 2 3 4 5 6
1m 52.4 17.7 11.8 10.7 5.4 2.0
2m 51.4 17.2 13.8 10.5 6.0 1.2
3m 43.5 18.2 15.9 12.3 8.2 2.0
4m 46.0 16.2 16.8 12.8 6.4 1.9
5m以上 43.5 22.1 14.6 10.8 6.0 3.0

ボートレース鳴門競艇場-追い風の決まり手割合

【追い風1~4m】成績(2016-2020)
コース 1着率 2着率 3着率
47.9 17.4 10.6
17.3 25.1 17.0
14.8 20.3 18.6
11.6 17.0 19.1
6.7 12.7 19.3
1.7 7.6 15.3
【追い風1~4m】決まり手(2016-2020)
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
93.1 6.8
24.9 66.2 7.2
48.1 12.9 26.3 11.6
41.7 23.5 24.1 9.0
20.6 3.5 58.3 16.1
19.6 35.3 29.4 11.8
【追い風5m以上】成績(2016-2020)
コース 1着率 2着率 3着率
43.5 21.5 10.6
22.1 21.1 18.1
14.6 18.9 18.6
10.8 18.8 20.1
6.0 12.1 15.9
3.0 7.5 16.8
【追い風5m以上】決まり手(2016-2020)
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
89.0 10.7
22.0 65.8 11.6
48.2 15.3 25.2 11.3
33.5 31.1 22.6 12.2
27.2 13.0 47.8 12.0
17.4 26.1 26.1 28.3

全追い風の内37%が風速5m以上と、強風が吹きやすい傾向があります。

 

インは風速3mあたりから信頼度が大幅に低下。

 

 

代わって強くなる2・3コースが狙い目です。

インが流れたら「2コースの差し」、警戒して落として回ると「3コースのまくり」が増加しています。

 

また、鳴門の「4カドまくり」は向かい風より追い風の方がやや決まっています。

 

左横風

【左横風】風速別1着率(2016-2020)
風速 1 2 3 4 5 6
1m 52.3 18.5 12.2 10.1 6.3 0.5
2m 49.0 16.3 14.4 12.0 5.7 2.6
3m 50.3 17.3 12.7 12.7 5.9 1.1
4m 44.0 16.8 22.4 8.8 7.2 0.8
5m以上 50.7 20.3 10.1 13.0 2.9 2.9
【左横風】成績(2016-2020)
コース 1着率 2着率 3着率
50.0 17.2 10.5
17.4 23.4 17.6
13.8 21.4 19.0
11.4 19.3 20.2
5.9 12.3 19.4
1.5 6.3 13.3
【左横風】決まり手(2016-2020)
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
93.2 6.8
29.7 57.6 10.8
38.6 15.1 34.3 11.2
41.1 22.7 23.2 11.1
25.0 3.7 49.1 20.4
14.3 25.0 42.9 14.3

左横風はターン時にサイドが掛かるため、イン逃げや「まくり」増加。

 

また、左横風は風速3m以内の割合が90%近くを占めており、内側から順に1着率が高くなる順当な結果となっています。

 

 

コース分析

ボートレース鳴門競艇場のピット写真

鳴門と他のレース場との比較順位です。

24場比較順位(成績)
コース 1着率 2着率 3着率
17位 7位 12位
4位 11位 24位
10位 13位 17位
17位 19位 15位
4位 15位 15位
12位 10位 4位

( 集計期間:2020年1月~2020年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)
コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
24位 1位 19位
6位 8位 18位 13位
19位 3位 12位 10位
18位 11位 6位 14位
22位 3位 16位 6位

( 集計期間:2020年1月~2020年12月31日 )

24場比較順位(成績)
コース 1着率 2着率 3着率
21位 11位 4位
6位 24位 12位
1位 19位 24位
11位 2位 22位
9位 5位 1位
6位 5位 6位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)
コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
3位 24位 5位
3位 9位 20位 22位
19位 8位 3位 20位
18位 21位 7位 3位
18位 1位 11位 21位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(成績)
コース 1着率 2着率 3着率
21位 8位 8位
4位 23位 14位
4位 15位 23位
10位 3位 8位
8位 10位 6位
6位 6位 6位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)
コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
10位 17位 17位
5位 10位 19位 14位
18位 8位 14位 7位
7位 23位 14位 4位
15位 1位 20位 5位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 )

 

 

コース別成績・決まり手分析

1コース

成績は例年下位で推移(21→21→17位(2020))
記念レースでも平均以下です。

出目データでは1アタマの回収率が平均を下回っているので、安易なイン勝負は避けたいところ。

インが弱い分2〜6コースの1着率は高く、コース不問で狙えるのが鳴門の魅力です。

 

1コース / 潮・風

潮位が高いとイン1着率が上昇。

ボートレース鳴門競艇場-潮の影響(イン)

 

 

風速が強まると信頼度が下がるため、風速3mを超えたあたりから注意が必要です。

 

風向きは「向かい風・左横風」で勝率が上昇しています。
「向かい風=イン不利」のセオリーと逆なので、覚えておきたいですね。

ボートレース鳴門競艇場-潮と風の影響(イン)

 

下記は1アタマの占有率と回収率データ。

データは2019~2020年の2年間で集計し、回収率75%以上を赤、占有率は平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

出目  回収率  占有率
123 78.5 6.15
124 72.0 4.51
125 79.0 3.98
126 64.6 2.50
132 70.7 4.18
134 61.0 3.80
135 55.1 2.90
136 80.6 2.48
142 56.6 3.19
143 75.3 3.01
145 52.1 2.03
146 73.2 2.10
152 65.1 1.81
153 50.8 1.66
154 53.2 1.19
156 90.8 1.31
162 53.5 1.11
163 87.8 1.04
164 54.9 0.77
165 86.4 0.82

 

 

 

 

2コース

ボートレース鳴門競艇場の2コース分析

1着率は上位(4→6→4位(2020))

2コースの狙い目は「追い風」
先マイしたインが流れて2コースの「差し」が決まりやすく、1着率が大きく上昇しています。

 

2コース / 潮・風

潮位が高いと1着率が低下しています。

ボートレース鳴門競艇場-潮の影響(2コース)

 

 

2コースが強くなる追い風3m以上でも同様に低下。
出来るだけ潮が引いている時間帯で狙いたいですね。

ボートレース鳴門競艇場-潮と風の影響(2コース)

 

出目データでも「2-1-」の占有率は上位です。
追い風条件で絞れば回収率が上がるので、機力の裏付けがあれば積極的に狙いたいところ。

追い風5m以上の高回収率出目
コース 回収率 占有率
213 103.8 2.89
214 100.4 3.15
215 109.8 1.97
216 139.1 2.50
241 126.6 1.25
263 251.9 0.79
265 244.8 0.66

( 集計期間:2016年~2020年 単位:%)

 

 

そして、記念レース(SG・G1)では1着率が平均以下。
トップレーサーになると少々の風ではターンが流れないので、「差し」が多い2コースは勝ちづらくなっています。
アタマまでは厳しいですが、2着率は高めで推移しています。

 

2コースが活躍した記念レースを探すと、「G1大渦大賞(2017/12月) 」 5日目。

水面の気象は「追い風7〜9m、安定板使用」
安定板を使用するとまくりが難しくなるので、内側有利。
安定板使用でも「強い追い風」でインが流れることを想定すると、「2アタマ」を狙えそうなレースに見えますね。

 

「2コースが差しで1着」時の2着率
コース 確率
21 60.6
23 14.9
24 11.4
25 7.6
26 5.5

( 集計期間:2019年~2020年 単位:%  全国平均より上位を赤下位を青)

 

「2コースがまくりで1着」時の2着率
コース 確率
21 6.3
23 36.8
24 30.5
25 20.1
26 6.3

( 集計期間:2019年~2020年 単位:% )

 

 

3コース

ボートレース鳴門競艇場の3コース分析

例年1着率は平均以上(4→1→10位(2020))
2019年では戸田を抜いてトップでしたが、15.8%(2019)→12.8%(2020)と1着率が低下しています。

 

決まり手では鳴門らしく「まくり」率が上位。
オリジナル展示タイムの行き足・伸びに注目して狙いたいですね。

3コースの決まり手比較順位
捲り 差し 捲り差し 抜き
2020 6位 8位 18位 13位
2019 3位 9位 20位 22位
2018 5位 10位 19位 14位

 

 

記念レース(SG・G1)では1着率がトップクラス
記念レースでは「差し技」がメインとなりやすいですが、鳴門では水面特性を反映して「まくり」も決まっています。

 

3コース / 潮・風

潮位が高いと1着率が低下しています。

ボートレース鳴門競艇場-潮の影響(3コース)

 

 

3コース狙い目はまくりが決まりやすくなる「追い風」

追い風・向かい風(3m以上)のまくり率
潮位 追い風 向かい風
60cm以下 44.7 34.5
61~90cm 52.8 29.9
91~110cm 45.0 37.2
111cm以上 50.0 60.9

 

「3コースがまくりで1着」時の2着率
コース 確率
31 29.7
32 21.9
34 20.1
35 19.5
36 8.8

( 集計期間:2019年~2020年 単位:%  全国平均より上位を赤下位を青)

 

「3コースがまくり差しで1着」時の2着率
コース 確率
31 47.4
32 21.5
34 10.0
35 15.8
36 5.3

( 集計期間:2019年~2020年 単位:% )

水面が狭いのでツケマイ気味にまくると内側が沈んで外の456が続くことが多いですが、まくり方や選手の技量によってはインが残す場合や2コースの差し粘りも。

出目データを見てみると3アタマの回収率も高め。
例年「3-2346」に高回収率が並んでいます。

追い風5m以上の高回収率出目
コース 回収率 占有率
312 100.6 1.64
314 92.3 1.38
321 94.6 0.85
324 95.9 1.18
325 86.8 0.92
326 119.9 0.72

 

 

 

4コース

ボートレース鳴門競艇場の4コース分析

近年は平均程度の1着率で推移(10→11→17位(2020))

記念レース(SG・G1)でも平均程度で推移しています。

 

決まり手ではまくり優位ですが、比率では「差し・まくり差し率」が平均以上です。

隣の3コースがまくりに出ることが多いので、カドからの差し技は想定しておきたいポイント。
また、4コースがまくり選択なら5コースに展開が向くことも抑えておきたいですね。

4コースの決まり手比較順位
捲り 差し 捲り差し 抜き
2020 19位 3位 12位 10位
2019 19位 8位 3位 20位
2018 18位 8位 14位 7位

 

4コース / 潮・風

1〜3コースほど影響は少ないですが、満潮時間帯で僅かに1着率が低下しています。

ボートレース鳴門競艇場-潮の影響(4コース)

 

 

風速が強い方が1着率は高く、風向きは「追い風」の方がやや有利。
「向かい風」でも5mを越えると狙い目です。

ボートレース鳴門競艇場-潮と風の影響(4コース)

 

「4コースがまくりで1着」時の2着率
コース 確率
41 25.0
42 14.3
43 22.3
45 25.3
46 13.0

( 集計期間:2019年~2020年 単位:%  全国平均より上位を赤下位を青)

 

「4コースがまくり差しで1着」時の2着率
コース 確率
41 28.1
42 8.6
43 38.3
45 17.2
46 7.8

( 集計期間:2019年~2020年 単位:% )

 

 

5コース

ボートレース鳴門競艇場の5コース分析

1着率は平均以上(8→9→4位(2020))
2・3着率も高め。
センターが攻めやすい水面のため5コースに展開が向きやすく、鳴門では例年強いコースです。

 

記念レース(SG・G1)でも優秀で、鳴門の記念レースは奇数艇が結果を残しています。

決まり手は「まくり差し」が多く、1マークで差さり切らなくてもバック側「鳴門の花道」で伸びて「抜き」決着も多め。

5コースの決まり手比較順位
捲り 差し 捲り差し 抜き
2020 18位 11位 6位 14位
2019 18位 21位 7位 3位
2018 7位 23位 14位 4位

 

鳴門の5コースが強いのは有名なので比較的売れやすく、オッズ妙味が少ないレースも見られるので慎重に狙いたいですね。

 

5コース/潮・風

潮位が高いと1着率が低下。

ボートレース鳴門競艇場-潮の影響(5コース)

 

 

風の狙い目は「向かい風」
向かい風はインも強くなるので、「1ー5」決着率も増加しています。

ボートレース鳴門競艇場-潮と風の影響(5コース)

 

「5コースがまくりで1着」時の2着率
コース 確率
51 33.8
52 15.6
53 19.0
54 20.3
56 11.4

( 集計期間:2019年~2020年 単位:%  全国平均より上位を赤下位を青)

 

「5コースがまくり差しで1着」時の2着率
コース 確率
51 33.3
52 13.1
53 20.2
54 24.0
56 9.3

( 集計期間:2019年~2020年 単位:% )

 

 

6コース

ボートレース鳴門競艇場の6コース分析

成績は平均より上位。

6コース成績比較順位
1着率 2着率 3着率
2020 12位 10位 4位
2019 6位 5位 6位
2018 6位 6位 6位

 

田村選手の「鳴門の花道」の解説でもあったように、6コースの舟券絡みは平均より多いので軽視はできないコースです。

イン逃げ時の6コース2・3着率も平均以上なので、ある程度の機力の裏付けがあれば抑えておきたいところ。
ただ、狭い鳴門ではセンターがまくり差しを選択すると、アウトコースの出番がなくなることもあるので注意が必要です。

 

 

鳴門の平均配当

【鳴門】平均配当分布(2020)
配当 割合 順位
100~990 15.8 20位
1,000~1,990 25.1 3位
2,000~2,990 12.6 13位
3,000~4,990 14.5 7位
5,000~9,990 13.9 10位
10,000~29,990 12.0 10位
30,000以上 6.2 1位

 

 

番組の傾向

鳴門の企画番組は1~4Rに組まれています。

レース 番組名 番組の概要
とるならなると 1号艇にA級、他にB級
どーなるなると 特賞レースで主力級が揃う
どきどきなると 1号艇にA級、他にAorB級
とにかくなると 1号艇にA級、他にAorB級

 

鳴門は4月〜9月までサマータイムレース、10月〜3月までモーニングレースで実施。
企画番組も合わせて変更される可能性があります。

企画番組やA級選手が1号艇に入る終盤10〜12Rでは、流石にイン勝率が高めで推移しています。
中盤戦は鳴門らしくコース不問で狙える番組が多く、穴党向きの傾向です。

 

コース 1着率 2着率 3着率
82.3 11.1 2.1
4.6 31.6 20.4
3.5 23.4 23.8
5.9 18.9 23.1
2.8 11.6 17.9
1.1 4.3 13.8
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
91.6 7.6
30.8 69.2 0.0
60.0 10.0 10.0 20.0
41.2 5.9 41.2 11.8
25.0 0.0 75.0 0.0
66.7 0.0 33.3 0.0

( 集計期間:2019年1月~2020年12月31日 単位:% )

 

インのみA級選手が入り、鳴門で一番インが強い番組。

インが逃げて内側から続く順当決着が多く、2年間のデータでは「1-234-234」の的中率は約43%となっています。

出目  回収率  的中率  平均配当
123 90.9 11.81 ¥770
124 71.5 7.99 ¥895
125 79.8 5.56 ¥1,437
126 75.1 3.47 ¥2,162
132 74.7 8.33 ¥897
134 63.9 7.29 ¥876
135 20.3 2.43 ¥837
136 52.3 2.78 ¥1,883
142 36.2 3.13 ¥1,158
143 79.7 4.51 ¥1,766
145 43.2 3.47 ¥1,245
146 146.0 4.86 ¥3,003
152 106.7 4.17 ¥2,560
153 32.0 2.43 ¥1,316
154 51.1 2.43 ¥2,104
156 183.3 2.08 ¥8,797
162 4.2 0.35 ¥1,220
163 75.2 1.39 ¥5,418
164 49.4 1.74 ¥2,846
165 102.2 2.08 ¥4,907

 

 

コース 1着率 2着率 3着率
47.9 18.9 11.6
18.1 23.0 19.6
14.7 18.9 18.0
8.4 19.1 16.7
8.7 13.0 20.5
3.9 8.4 14.8
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
97.5 2.5
20.0 65.0 13.3
42.9 12.2 30.6 12.2
46.4 25.0 25.0 3.6
20.7 0.0 65.5 10.3
15.4 23.1 53.8 7.7

( 集計期間:2019年1月~2020年12月31日 単位:% )

 

主力級が揃う特賞レースで、イン勝率は鳴門平均を下回っています。

平均配当も約9,500円と高く、鳴門らしくどのコースからでも狙える番組です。

 

コース 1着率 2着率 3着率
62.2 18.9 8.0
10.6 23.1 16.6
13.0 21.1 16.4
10.3 17.5 22.2
3.1 14.6 21.5
1.2 5.6 16.2
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
94.0 5.5
14.7 79.4 5.9
50.0 7.1 31.0 11.9
36.4 21.2 24.2 15.2
20.0 10.0 60.0 10.0
0.0 25.0 0.0 75.0

( 集計期間:2019年1月~2020年12月31日 単位:% )

 

インにA級選手が入るので、鳴門の平均を上回るイン勝率。
イン以外のA級選手の枠が固定されていないので、出目傾向はありません。

 

コース 1着率 2着率 3着率
64.2 15.0 6.5
13.1 25.2 19.7
8.4 20.8 18.2
7.5 22.5 19.6
6.6 12.2 21.4
1.6 5.9 16.3
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
96.4 3.6
25.0 67.5 5.0
38.5 19.2 26.9 15.4
60.9 4.3 30.4 4.3
35.0 15.0 35.0 15.0
0.0 40.0 40.0 20.0

( 集計期間:2019年1月~2020年12月31日 単位:% )

 

3Rと同様の番組です。
インにA級選手が入るので、鳴門の平均を上回るイン勝率。

イン以外のA級選手の枠が固定されていないので、出目傾向はありません。
順当にA級選手が着に絡むことから、三ケタ配当率も20%程度と高くなっています。

 

 

 

鳴門オリジナル展示データ

2018年9月から、鳴門でもオリジナル展示データが公開されています。

ボートレース鳴門オリジナル展示データ

鳴門オリジナル展示データ

ボートレース鳴門オフィシャルサイトインフォメーションより引用

 

オリジナル展示データについてはこちらの記事で解説しています。

競艇(ボートレース)-オリジナル展示タイム分析 【出足・行き足・伸び】足の種類・オリジナル展示タイムを解説
展示タイム
  • 通常の展示タイムはバック側スリット裏から150m区間で計測。伸びが反映
  • 「直線タイム」はターン後の直線を計測。主に行き足が反映。  
  • 「まわり足」は文字通り、回り足が反映
  • 一周タイムは総合的な判断の参考

 

準優・優勝戦データ

【準優勝戦】成績
コース 1着率 2着率 3着率
68.3 16.0 5.4
12.6 34.0 17.3
8.3 18.0 25.2
7.6 18.9 19.5
4.3 9.0 19.0
1.0 5.8 15.4

( 集計期間:2016年~2020年 準優勝戦 単位:% )

【準優勝戦】決まり手
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
92.4 7.6
8.2 80.3 9.8
50.0 7.5 35.0 7.5
40.5 13.5 27.0 10.8
23.8 0.0 66.7 9.5
0.0 20.0 40.0 20.0

( 集計期間:2016年~2020年 準優勝戦 単位:% )

【優勝戦】成績
コース 1着率 2着率 3着率
65.1 13.3 10.2
12.3 28.8 17.2
9.0 21.1 22.3
8.5 17.0 23.0
4.8 12.5 14.9
1.8 9.0 13.8

( 集計期間:2016年~2020年 優勝戦 単位:% )

【優勝戦】決まり手
コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
93.5 6.5
20.0 60.0 20.0
33.3 6.7 33.3 13.3
21.4 21.4 50.0 7.1
37.5 12.5 37.5 12.5
0.0 66.7 33.3 0.0

( 集計期間:2016年~2020年 優勝戦 単位:% )

 

 

季節毎のコース別成績

「夏はインが弱く、冬はインが強くなる」が競艇の定説。
しかし、鳴門では逆の傾向があります。

大きな要因は「風向き」
夏にインが強くなる「向かい風」、冬は「強い追い風」が吹きやすくなっています。

気温が高くなるとエンジンパワーが落ちるので、選手コメントや展示から判断したいですね。

季節ごとの1着率
コース
49.1 51.1 49.9 46.2
18.4 15.4 16.0 19.1
13.3 14.0 15.2 15.2
11.6 11.3 12.2 10.6
6.9 7.1 6.3 7.9
2.0 2.2 1.7 2.6

( 集計期間:2016年~2020年 単位:% )

 

季節毎の風の傾向

春(3〜5月)
冬からの追い風傾向が続き、夏に向けて向かい風傾向

春(3〜5月)成績
コース 1着率 2着率 3着率
49.1 18.1 9.6
18.4 24.6 18.0
13.3 20.0 19.4
11.6 20.0 20.3
6.9 11.6 18.7
2.0 6.7 15.2

( 集計期間:2016年~2020年 単位:% )

 

夏(6〜8月)
向かい風傾向

夏(6〜8月)成績
コース 1着率 2着率 3着率
51.1 16.9 9.5
15.4 22.3 17.9
14.0 20.7 18.5
11.3 19.2 19.3
7.1 13.6 18.7
2.2 8.2 17.2

( 集計期間:2016年~2020年 単位:% )

 

秋(9〜11月)
向かい風傾向が続き、冬に向けて追い風傾向

秋(9〜11月)成績
コース 1着率 2着率 3着率
49.9 17.0 10.2
16.0 24.5 17.8
15.2 20.4 19.6
12.2 18.2 19.1
6.3 13.5 19.8
1.7 7.8 14.8

( 集計期間:2016年~2020年 単位:% )

 

冬(12月〜2月)
強い追い風傾向

冬(12〜2月)
コース 1着率 2着率 3着率
46.2 20.3 11.1
19.1 22.2 17.3
15.2 20.1 18.3
10.6 19.0 20.7
7.9 12.2 18.5
2.6 7.8 15.7

( 集計期間:2016年~2020年 単位:% )

 

まとめ

  • 全国上位のイン受難水面
  • バック側「鳴門の花道」で伸びる
  • 海水で潮位差があり、風も吹きやすい
  • 冬は強い追い風傾向
  • 1〜5Rまでは企画番組
  • オリジナル展示データあり
  • インが弱い分、2〜6コースが強い
  • 1コースは向かい風で有利
  • 2コースは追い風が狙い目
  • 3コースは1着率が高く、まくり優位
  • 4コース1着率は平均程度
  • 5コース1着率は高く、まくり差し優位
  • 6コースの舟券絡み率も平均以上

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。