ボートレース芦屋競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

ボートレース芦屋競艇場

ボートレース芦屋競艇場

基本データ

追記情報

2020/5/27:決まり手データを追記しました。
2020/1/27:2019年データを追記。
2019/5/26:風速別データを追記。

 

 

芦屋 関連データ

コース別成績・決まり手

芦屋競艇場のコース別成績と決まり手データです。

コース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
62.3 16.1 7.6
12.0 27.4 17.8
10.3 22.6 21.7
9.5 17.5 22.0
4.9 11.8 19.3
1.1 5.0 12.1

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
95.8 4.1
21.4 68.5 7.2
39.6 8.5 41.7 8.5
47.5 17.5 27.2 7.8
26.3 6.1 52.6 14.1
18.5 7.4 55.6 18.5

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

コース別成績(2018)

コース 1着率 2着率 3着率
62.1 15.8 7.7
10.8 24.3 21.5
10.1 24.3 19.4
10.5 17.5 20.6
4.8 13.1 20.1
1.8 5.3 11.3

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース別決まり手(2018)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
95.5 0.0 0.0 0.0 4.4
0.0 25.4 62.7 0.0 11.1
0.0 33.1 11.4 43.2 11.0
0.0 43.7 13.5 29.0 12.7
0.0 21.4 5.4 62.5 9.8
0.0 14.0 7.0 60.5 16.3

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% )

 

条件別データ

優勝戦のコース別成績(2016-2019)

コース 1着率 2着率 3着率
69.2 14.0 7.0
11.2 16.8 18.9
8.4 28.7 18.9
7.0 20.3 24.5
2.8 14.0 15.4
1.4 6.3 15.4

( 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% )

優勝戦のコース別決まり手(2016-2019)

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
93.9 5.1
18.8 68.8 6.3
33.3 8.3 41.7 0.0
30.0 20.0 40.0 0.0
50.0 0.0 50.0 0.0
0.0 0.0 50.0 0.0

( 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% )

 

記念レースデータ

記念レースでの成績は、2016~2019年に芦屋で開催された以下の9節です。

2016
G1 開設63周年記念 全日本王座決定戦
G1 開設64周年記念 全日本王座決定戦
G2 モーターボート大賞

2017
G1 開設65周年記念 全日本王座決定戦
G1 第31回 レディースチャンピオン

2018
SG 第21回 チャレンジカップ/レディースCC

2019
G1 第65回 九州地区選手権競争
G1 開設66周年記念 全日本王座決定戦
G1 開設67周年記念 全日本王座決定戦

 

芦屋SG・G1・G2のコース別成績

コース 1着率 2着率 3着率
60.4 16.2 6.4
11.8 23.6 19.0
10.2 22.5 19.7
9.6 17.5 22.2
6.8 12.7 18.2
1.3 7.5 14.5

( 集計期間:2016年~2019年 芦屋開催SG・G1・G2 単位:% )

芦屋SG・G1・G2のコース別決まり手

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
95.1 4.9
24.0 62.7 6.7
43.1 9.2 41.5 6.2
39.3 21.3 32.8 6.6
20.9 9.3 60.5 7.0
12.5 37.5 50.0 0.0

( 集計期間:2016年~2019年 芦屋開催SG・G1・G2 単位:% )

 

 

芦屋競艇場の特徴・傾向

番組の影響も大きいイン勝率

福岡3場の一つであり、モーニングレース発祥地でもあるボートレース芦屋競艇場。

全国でもトップクラスの1コース1着率ですが、これは特徴的な番組構成が大きく影響しています。

番組・水面特徴・条件別コース成績などから、芦屋の特徴や傾向を見ていきます。

 

番組構成・傾向

企画番組が全7Rと半分以上を占めており、芦屋の大きな特徴となっています。

芦屋の企画番組一覧

レース 番組名 番組の概要
サンライズ V 1号艇にA級、他にB級
サンライズ W 1・4号艇にA級、他にB級
サンライズ X 1・3・5号艇にA級、他にB級
サンライズ Y 進入固定、1号艇にA級
サンライズ Z 1・2号艇にA級、他にB級
一般戦 進入固定
昼どき戦 1号艇にA級

 

1号艇にA級、もしくはインに有利な進入固定戦が組まれており、インの成績が押し上げられている結果になっています。

他場同様に10~12Rも1号艇にA級が入っているので、B級が1号艇に入るレースは計3レースしかありません。

また、節の後半になるほどインの成績は上昇し、更に本命傾向が強まります。

 

極端な番組編成なので好き嫌いは分かれそうですが、本命党向きですね。
シード選手が飛んだ場合の大穴狙いも面白いですが、いかに本命サイドを絞って的中させるかが芦屋のポイントかと思います。

 

以下は番組による影響の比較として、1〜12Rでの1コース1着率と平均配当を集計しました。
番組の意図通りの順当な結果となっています。

集計期間2017年1月~12月

1コース1着率:75.4% 平均配当:¥1,692
1アタマ以外の平均配当:¥31,917

1000円以下の三ケタ配当も多く、超本命番組。
シード崩れの大万舟もあるが、考えても取れないレベルの決着も多い。

1コース1着率:50.5% 平均配当:¥2,502
4コース1着率:26.6% 平均配当:¥5,740 
1-4決着率:25.5% 平均配当:¥900
1アタマ以外の平均配当:¥24,462

インとカドの勝負となっており、4コース1着率は高い。

1コース1着率:55.4% 平均配当:¥3,375 
3コース1着率:21.2% 平均配当:¥7,105 
5コース1着率:11.4% 平均配当:¥11,691 
1-35決着率:36.4% 平均配当:¥1,499

A級が3艇のため、サンライズレースの中では混戦傾向。

1コース1着率:80.4% 平均配当:¥1,899
1アタマ以外の平均配当:¥22,884

1号艇以外にもA級が入ることもあるが、進入固定の影響で高いイン逃げ率。
2着もA級で決まることが多く、低配当の本命決着が多い傾向。

1コース1着率:57.6% 平均配当:¥2,993
2コース1着率:26.6% 平均配当:¥2,667
34アタマ率:12.5% 平均配当:¥13,423

12-12-3456:48.4% 平均配当:¥1,063
1ー3456-全:28.3% 平均配当:¥5,097

 

12-12-よりは、配当的に1-2以外を狙ってみたいですね。
機力の弱い2号艇が人気を集めているレースがあれば狙い目かと思います。

また、2まくり率は3.8%と意外と低く、2まくり想定は点数も多くなりがちなので厳しいですね。

1コース1着率:46.2% 平均配当:¥3,175

1号艇以外に組まれているA級選手の舟券絡みが多い傾向。
2~4コースの1着率も高い。

1コース1着率:66.3% 平均配当:¥2,081

進入固定により高いイン勝率。

1コース1着率:63.5% 平均配当:¥2,450
1アタマ以外の平均配当:¥22,884

2・3着にもA級選手が入ることが多い傾向。

1コース1着率:45.6% 平均配当:¥3,353

12R中最も低い1コース1着率。

1コース1着率:48.4% 平均配当:¥2,521

1コース1着率:62.0% 平均配当:¥2,619

1コース1着率:69.0% 平均配当:¥2,425

 

 

芦屋水面図

ボートレース芦屋競艇場水面図

芦屋競艇場水面図

ボートレース芦屋オフィシャルサイトより引用

芦屋の水面図を見てみると、競争水面全体が広く、1マークのバック側も87mと十分な広さ。

バック側には葦が群生しており、これが天然の消波装置となって引き波が消えやすいとも。
また、小高い丘に囲まれているため風の影響も軽減されており、比較的静水面のレース場です。

広いコース+静水面ということで、本来の芦屋はイン優勢ながら、どのコースからでも全速で攻めるスピード戦が展開される水面となっています。

 

そして、2マーク側は若干狭くなっており、握っての逆転は起こりにくいレイアウト。
また、ピットから2マークまでの距離が長く、枠なり進入率は低くなっています。

コース 1 2 3 4 5 6
1枠 99.2 0.7 0.1 0.0 0.0 0.0
2枠 0.6 91.8 5.4 1.1 0.7 0.4
3枠 0.1 3.1 87.7 6.6 1.6 0.9
4枠 0.2 1.6 3.5 83.7 7.6 3.4
5枠 0.0 1.5 1.3 5.6 79.5 12.1
6枠 0.1 1.3 1.8 3.3 11.0 82.5

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

 

ピット離れ次第では、深くならずにコースが取れるほど距離があるので、選手の前付け傾向や展示をしっかりチェックしておきたいところです。

 

水質&モーター

水質は淡水で、流れや水位の変化はありません。
硬い淡水+全速戦が展開されるため、機力差が影響しやすい水面です。

 

芦屋のモーター情報は、オフィシャルサイトの「エンジン台帳」から確認できます。

エンジン台帳

過去の使用者コメントも一覧でき、出足・行き足・伸びなど優れている部分が判断できます。
出足型・伸び型など、モーターのタイプは予想する際に重要な要素なので、しっかりチェックしておきたいですね。

 

また、淡水の硬い水面で展開を突くには、選手の「乗りやすさ」も重要です。
「乗りやすい」・「体感が良い」などのコメントや、レース道中で競り勝っている選手は注目です。

 

風データ

風向きと風速によるコース別成績データです。
コース別成績(2019)、風速別1着率データ(2016~2018)ともに各集計期間の平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

 

向かい風

向かい風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
59.5 16.9 8.3
11.5 25.3 16.8
10.9 21.7 20.8
9.8 18.4 22.5
6.7 11.7 20.1
1.6 6.0 11.5

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

向かい風時の風速別1着率

風速 1 2 3 4 5 6
1m 58.2 10.1 10.8 12.7 6.5 1.6
2m 61.3 9.2 10.4 11.1 7.0 1.0
3m 61.4 11.6 10.3 9.6 5.6 1.6
4m 59.5 10.6 9.5 11.2 7.4 1.8
5m以上 53.3 11.4 11.4 13.1 7.7 3.1

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
93.9 5.9
16.0 59.6 23.4
28.9 4.4 46.7 18.9
42.9 14.3 28.6 13.3
20.3 1.6 73.4 3.1
18.2 4.5 59.1 18.2

ボートレース芦屋競艇場-向かい風データグラフ

3〜5コースの1着率が上昇傾向です。

 

風速5mを超えるとインの信頼度は低下しています。

 

追い風

追い風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
58.8 19.5 8.3
16.1 26.0 18.3
11.4 21.7 20.7
8.9 16.5 21.4
3.5 11.7 18.0
1.3 4.6 13.3

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

追い風時の風速別1着率

風速 1 2 3 4 5 6
1m 67.4 5.6 10.4 9.0 6.2 1.4
2m 60.5 14.4 9.7 9.8 4.7 0.9
3m 56.5 17.1 10.9 10.7 3.5 1.3
4m 55.7 15.0 10.1 11.8 6.3 1.1
5m以上 54.2 15.7 12.7 12.1 4.0 1.3

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き
92.2 7.7
18.9 68.7 10.7
46.9 12.0 26.3 13.7
43.6 19.9 23.2 12.2
22.7 6.7 57.3 13.3
11.1 33.3 38.9 16.7

ボートレース芦屋競艇場-追い風データグラフ

追い風2mまではイン優位。

 

風速が強まると2〜4コースの1着率が上昇しています。

 

横風

右横風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
61.0 15.7 6.0
11.3 27.0 18.0
8.0 24.7 25.3
13.0 17.0 20.7
5.7 11.0 19.0
1.0 4.7 11.0

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

右横風時の風速別1着率

風速 1 2 3 4 5 6
1m 66.4 9.7 8.6 8.3 4.9 2.1
2m 66.8 9.9 10.9 6.6 4.4 1.5
3m以上 62.3 5.9 8.2 15.3 2.4 5.9

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

右横風が強まるとターンが流されるケースがありますが、90%以上が風速1〜2mを占めているため、結果的にイン優位で推移しています。

 

左横風時のコース別成績(2019)

コース 1着率 2着率 3着率
71.1 10.4 6.5
7.3 30.7 19.7
9.5 24.8 20.1
8.3 17.7 23.5
3.4 12.4 19.4
0.5 3.9 10.7

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% )

左横風時の風速別1着率

風速 1 2 3 4 5 6
1m 65.6 8.9 7.8 6.7 10.0 1.1
2m 65.6 12.8 6.7 7.8 3.9 2.8
3m 60.4 11.6 8.7 10.6 4.8 3.9
4m以上 61.4 11.2 9.5 11.6 5.4 0.8

( 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% )

ボートレース芦屋競艇場-左横風データグラフ

インの1着率が上昇傾向です。

左横風でサイドが掛かるため、全速ターンで逃げ切る確率が高くなっています。

 

また、風速が強まると主にセンターからの「まくり」も増加傾向です。

 

 

コース別成績・決まり手分析

芦屋と他のレース場との比較順位です。

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
3位 22位 20位
23位 4位 18位
22位 5位 6位
19位 13位 5位
19位 13位 3位
20位 19位 20位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
17位 7位 19位
10位 24位 7位 21位
4位 19位 13位 18位
3位 17位 20位 4位
17位 20位 7位 8位

( 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 )

24場比較順位(コース別成績)

コース 1着率 2着率 3着率
3位 22位 21位
24位 15位 1位
23位 1位 19位
16位 18位 11位
20位 7位 2位
18位 20位 24位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 )

24場比較順位(決まり手)

コース 捲り 差し 捲り差し 抜き
12位 14位 9位
18位 20位 3位 15位
11位 23位 9位 3位
12位 20位 7位 15位
20位 18位 3位 6位

( 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 )

 

 

コース別成績・決まり手分析

1コース

成績は例年トップクラスで推移していますが、前述したように番組傾向による影響が大きいです。

ただ、優勝戦や記念レースでの成績でもイン勝率は平均より上位
実力者が揃うレースではスタートが揃いやすいので、インから全速ターンで逃げ切る確率が高くなっています。

全速戦になりやすい芦屋ではスタートで先手を取ることが重要なので、選手のスタート力はしっかり確認しておきたいですね。

 

以下は、1アタマの占有率と回収率データ。

データは2017~2019年の3年間で集計し、平均より上位の数値を赤下位の数値を青で表しています。

出目  回収率  占有率
123 78.6 7.10 (+0.38)
124 73.2 5.82 (+0.67)
125 68.7 4.09 (+0.59)
126 73.1 2.64 (-0.05)
132 95.0 6.40 (+1.57)
134 73.1 5.14 (+1.00)
135 62.9 3.96 (+0.97)
136 75.0 2.55 (+0.27)
142 65.8 4.01 (+0.43)
143 69.6 3.92 (+0.94)
145 76.6 2.56 (+0.48)
146 63.1 1.96 (+0.20)
152 79.4 2.29 (+0.29)
153 82.2 2.37 (+0.66)
154 86.8 1.60 (+0.20)
156 70.6 1.15 (+0.05)
162 83.4 1.06 (-0.28)
163 45.5 0.79 (-0.31)
164 82.4 0.92 (-0.03)
165 61.4 0.66 (-0.04)

 

 

 

2コース

例年1着率は下位
B級が入ることが若干多いことや、全速戦になる握れる水面特性も影響しています。

例年2アタマの回収率も低めですが、狙い目は「3m以上の追い風」
先マイしたインが流れやすく「差し」が急増しています。
水質が硬いので機力が無いと決まりませんが、1着上昇率は高いので条件が揃えば積極的に狙いたいところです。

 

「2コースが差しで1着」時の2着率

コース 確率
21 70.2 (+9.2)
23 12.9
24 9.1
25 6.0
26 1.7

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

「2コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
21 11.9 (+1.9)
23 37.0
24 23.7
25 16.7
26 10.7

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

3コース

例年1着率は下位で、2着率は上位。

2着率が一番高いのは2コースがセオリーですが、芦屋の3コースは集計期間によっては上回ることも。
2コースが弱い影響もありますが、握れる水面なので「1ー3」決着率も高めです。

コースが広いことから、決まり手は「まくり差し」率が高め。
追い風で「まくり差し」、向かい風で「まくり」が増加しています。

 

「3コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
31 26.3 (+5.4)
32 15.2
34 29.9
35 18.8
36 9.9

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

「3コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
31 65.8 (+7.9)
32 13.9
34 10.6
35 7.9
36 1.7

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

また、シード崩れが配当を跳ね上げている部分もありますが、3アタマの回収率は平均以上。
「3-2-4」は三年連続100%を越えています。
サンプルは少ないですが「3-2」が発生しやすいのは追い風が強まった時です。
インが追い風で流れるのを警戒して落として回ると3コースのまくりが決まり、2コースの差し粘りのケースが見られます。

 

3コース / 風の狙い目

追い風
5m以上の強風

 

 

4コース

例年1着率は平均よりやや低く推移しています。

例年2〜4コースの1着率がそれほど差がなく推移しているのも芦屋の特徴でしたが、2019年データでは順当に内側から強くなっています。

 

決まり手は「まくり」優位。

かつては「九州5場で一番まくりが利く水面」と言われていたようですが、モーターの変遷とともに減少傾向です。

菊池孝平選手が「現代ボートレースは3コースが握って、カドは差し」とインタビューで答えていましたが、全国的にもカドからの一撃決着は減ってきていますね。

 

「4コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
41 26.5 (+2.1)
42 14.9
43 9.8
45 35.7
46 13.0

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

「4コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
41 44.7 (+5.4)
42 14.4
43 22.7
45 9.5
46 8.7

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

 

5コース

1着率は下位ですが、例年2・3着率は上位。

条件別データ(SG・G1)でも舟券絡みは平均より高めで推移しています。

 

決まり手では「まくり差し」優位。
2019年データでは「まくり」が若干増加しています。

 

センター同様「向かい風」で上昇傾向なので、展開・機力次第では一考したいところ。
水質が硬いので「乗り心地」に言及してる選手コメントにも注目です。

 

「5コースがまくりで1着」時の2着率

コース 確率
51 27.3 (-0.9)
52 23.2
53 12.1
54 13.1
56 24.2

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

「5コースがまくり差しで1着」時の2着率

コース 確率
51 40.6 (+4.8)
52 12.1
53 13.8
54 24.2
56 9.4

( 集計期間:2016年~2019年 単位:% )

 

 

6コース

番組の影響もあって成績は下位。
2連対に絡むことも1日に一本あるかどうかの確率です。

条件別データ(SG・G1)では2・3着率が上昇傾向しています。
展開次第ですが、ヒモ穴となりやすいので切るか迷った時は買っておきたいですね。

 

 

季節毎の傾向

季節毎のコース別成績です。

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
63.9 16.4 7.3 5.3 3.8 3.0
12.5 25.1 21.4 13.4 16.2 11.0
8.4 26.1 20.7 18.6 16.8 9.1
9.8 14.5 21.3 21.6 17.4 15.0
3.5 14.3 20.0 21.9 20.2 19.8
2.5 4.7 10.7 20.2 25.0 36.6

( 集計期間:2018年3月~2018年5月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
58.9 16.8 9.4 5.6 5.1 4.1
9.9 22.7 19.7 17.4 15.6 14.4
10.8 23.2 18.7 18.1 17.6 11.3
13.6 18.9 19.1 17.1 18.2 12.8
5.8 13.5 21.3 22.8 20.3 15.9
1.8 5.8 12.8 20.4 23.1 35.8

( 集計期間:2018年6月~2018年8月31日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
63.1 16.0 7.4 5.3 4.8 3.2
11.1 22.8 17.8 18.7 15.4 13.8
10.0 25.0 20.7 16.4 15.4 12.1
8.9 19.7 24.9 15.7 18.6 12.0
5.9 12.7 16.8 25.0 19.8 19.6
1.4 4.6 13.3 19.6 26.1 34.7

( 集計期間:2017年9月~2017年11月30日 単位:% )

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
65.1 15.3 8.5 4.2 3.9 2.6
10.0 24.9 21.5 16.6 15.2 11.4
11.5 23.6 19.4 16.3 15.8 13.1
8.2 20.0 23.3 17.1 16.4 14.8
3.8 10.5 16.6 24.6 24.6 19.6
1.9 6.7 11.7 22.2 23.9 33.3

( 集計期間:2017年12月~2018年2月28日 単位:% )

 

季節毎の傾向

春(3〜5月)

向かい風傾向。
展示タイムを計測するバック側は追い風になるので、若干信頼度は落ちますね。

モーター相場は固まっている時期です。

 

夏(6〜8月)

風速は緩やかで、風向きは安定しない傾向。

6月にモーター交換が行われます。

夏場の気温上昇により出足・行き足が落ち、インの成績が例年低下する時期です。
また、モーニングとデイの時間帯との気温差も大きいので、調整の仕上がりを展示や選手コメントで確認しておきたいですね。

 

秋(9〜11月)

冬に向けて追い風傾向。

気温の低下とともに機力も上昇し、イン成績も上昇してくる時期です。
10月下旬頃に温水パイプが装着されるので、機力の変化も起こり得ます。

 

冬(12月〜2月)

追い風傾向。
季節風の影響で、一番風速が強まる時期。

追い風が強まると「スタートが難しい」との声もあるので、スタートで攻める展開を買うときは注意が必要です。

 

芦屋オリジナル展示データ

芦屋競艇展示データ

芦屋オリジナル展示データ計測位置

ボートレース芦屋オフィシャルサイトより引用

芦屋オフィシャルサイトでは、通常の展示タイムに加えて独自計測値の「一周」・「まわり足」・「直線タイム」のデータが直前情報で公開されています。

公式サイトには選手コメントも掲載されているので、併せて確認しておきたいですね。

展示タイム
  • 通常の展示タイムはバック側スリット裏から150m区間で計測。伸びが反映
  • 「直線タイム」はターン後の直線を計測。出足や行き足が反映。  
  • 「まわり足」は文字通り、回り足が反映
  • 一周タイムは総合的な判断の参考

まとめ

  • モーニング開催
  • 高いイン勝率は番組の影響が大きい
  • 企画番組は全7Rで、本命傾向
  • 1マークのバック側は広く、全速戦が展開される
  • バック側の葦の群生により、引き波が消えやすい
  • 小高い丘に囲まれており、比較的静水面
  • 枠なり進入率は比較的低い
  • モーター台帳でモーターのタイプを確認
  • 記念レースでも、イン勝率は平均以上
  • 2~4コースの1着率にそれほど差がない